ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 1335
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

引き続き質問させてください。

ユーザー評価:

引き続き質問させてください。現在、相手に支払督促が送付されて1週間くらいになります。この相手の反応を待つ間に私がやっておくべき事などあるんでしょうか?(騙されていた事実など、証拠となるものは全て用意出来ています)あと、相手側に差し押さえれるものが無い場合、返金させる手段はあるのでしょうか?(おそらく実家暮らしの無職ですし、貯金口座を今の内に空にされてたりしたら何も無いのでは...と思いまして。)

証拠等が万全なのであれば、あとはいかに相手とコンタクトをとって支払う気にさせるか、もしくは、差し押さえを視野に、相手方の財産の所在や、関係書類の作成準備、必要な費用や段取りの確認をされておいてはいかがでしょうか。

例えば、銀行口座を差し押さえるためには、銀行名と支店名が必要です。(ネット銀行の場合は支店名は不要です。)

訴訟で勝訴したり、支払督促が確定したとしても、国が相手方の財産を探してくれるわけではなく、こちらで財産を指定して差し押さえの手続きを行う必要があります。当然ながら相手に十分な財産がなければ差し押さえはできず、費用倒れに終わってしまうこともあります。

訴訟や支払督促の手続きで、判決等が確定すれば、時効が確定後10年に延長されます。もし本人の財産状況があまり良くなく、取り立てを急ぐ事情がないのであれば、今無理に取り立てるのではなく、財産状況の回復を待ってから差し押さえをするという方法も考えられます。(ただし、悪化に向かう可能性や、破産宣告をされてしまうなどのリスクもありますから、相手の状況を見て判断する必要があります。)

houmuをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
12354;りがとうございます。相手はお金の話は1ミリも口にしようとしないので、何か証拠を取れるようなやり取りにはならず。督促が送付されてからは個人的やり取りは返ってこなくなりました。口座情報や、その差し押さえを視野に、と準備できるものは弁護士さんに依頼したらやってもらえるものですか?関係書類って具体的に何ですか?支払督促申立したの額を、弁護士さんを通じて婚約破棄の損害賠償として訴える事はできますか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
30456;手はお金の話は1ミリも口にしようとしないので、何か証拠を取れるようなやり取りにはならず。督促が送付されてからは個人的やり取りは返ってこなくなりました。口座情報や、その差し押さえを視野に、と準備できるものは弁護士さんに依頼したらやってもらえるものですか?関係書類って具体的に何ですか?支払督促申立したの額を、弁護士さんを通じて婚約破棄の損害賠償として訴える事はできますか?

口座情報など、差し押さえの対象物は、基本的にご自身で探す必要があります。弁護士会照会などの手続きで、対応できるケースもありますが、時間もかかりますし、例外的な手法であるとお考え下さい。

関係書類というのは、状況によって異なりますので一概に言えませんが、たとえば不動産の差し押さえを考えているのであれば、登記簿謄本を取っておくというようなことです。

>支払督促申立したの額を、弁護士さんを通じて婚約破棄の損害賠償として訴える事はできますか?

訴訟は一度行うと、同じ内容について再度裁判をすることは基本的にできませんが、支払督促については、改めて裁判で争うことも可能です。

消費者被害 についての関連する質問