ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei,
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 1761
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

着手金返還してほしい, しが, ないです

質問者の質問

着手金返還してほしい
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: しが
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ないです
投稿: 21 日 前.
カテゴリ: 消費者被害
専門家:  bonds-gyosei 返答済み 21 日 前.

基本的には着手金の返還は期待できないのです。委任契約上あなたはいつでも弁護士を解任することができます。ですからいつでも解任できますが、着手金が献金される等ことではなく、着手金は、まず依頼をした時点で契約に発生してしまっている代金と考えていただければと思います。ですから極端な話、弁護士が「今準備しているところ」と言えば、相手に対して何も行動していなくても通ります。しかしそれでは依頼者に不利になります。だからいつでも依頼者は弁護士を解任できるという委任契約になっています。この弁護士はなにもしてくれないな、と思って不信感が増せば、それ以上無駄なお金をつぎ込まず解任し、そこまでの費用を清算し、着手金の一部の返金請求だけはしてみましょう。返金がされたらラッキーです。

専門家:  bonds-gyosei 返答済み 18 日 前.

今回のご質問について解決の手立てになれましたでしょうか。現在こちらのご質問が未解決となっておりますので、ひとまず、ご質問が以上であれば、お客様の方でも完了させるため、画面の星マークにて完了ご評価をお願い致します。

消費者被害 についての関連する質問