ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 2932
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

賃貸マンションの事で,

ユーザー評価:

賃貸マンションの事で
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 賃貸マンションの事で45平米の契約でしたが狭いのでレザー測定したところ34平米しかありません。脅迫的な話をされ、ネズミまででてきました。嫌がらせも多々あります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 賃貸マンションの事で困ってます。45平米で契約したのですが、レザー測定したところ、壁芯込みで、34平米しかありません。オーナーの会社の方は、文句があるなら、出ていけで、嫌がらせも多々あります。家賃も値下げしません。泣き寝入りしたくないのてすが、警察の方は民事訴訟するように言われました。宜しくお願いします
質問者: 返答済み 18 日 前.
22823;阪市生野区です

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

賃貸人は、賃借人から賃料を徴収するにあたり、賃借人が平穏に生活できるような配慮や設備を整えることを求められ、これを怠った場合は賃借人に対しての契約不履行となります。
また、45平米で契約したにも関わらず、実際は34平米しか無いのは、民法の『契約不適合責任』に該当するとか思量します。
契約不適合責任とは、売買契約で、商品に品質不良や品物違い、数量不足などの不備があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことです。
改正民法の条文上、「目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるとき」に発生する責任であることから、「契約不適合責任」と呼ばれています。
(民法改正前は、瑕疵担保責任と呼ばれていました)
ご相談の件は、商品が契約で予定されていた品質の基準を満たしていなかった場合に適用される品質に関する契約不適合となります。(
改正民法に基づき請求できる内容は、
引き渡した商品の修理の請求(修補請求)、または不具合がない商品の引渡しの請求(代替品の引渡請求)、解約となり、また、損害賠償請求損害が発生した場合は損害賠償請求が可能となります。

下記は賃貸住宅でのトラブルの際に相談するところです。
もし管理会社及び大家が現状のまま納得の行く対応をしなかった場合、こちらにご相談してみてはいかがでしょうか。
賃貸人側に適切な指導をして貰えるやも知れません。
ご一考ください。
全日本不動産協会大阪府本部↓
https://osakahonbu.zennichi.or.jp/
大阪府都市住居課↓
http://www.pref.osaka.lg.jp/jumachi/
日本賃貸住宅管理協会
https://www.jpm.jp/

ただ、それでも相手方が賃下げに応じなければ、民事調停で協議なさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。
ぜひ、ご一考ください。
民事調停をご存知ですか(裁判所)
https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他4 名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問