JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 2114
経験:  dasdasd
84237273
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

請負代金請求1800万円で被告として、弁護士を付けずに裁判して、遅延損害君700万円を付けられて負けました。

ユーザー評価:

請負代金請求1800万円で被告として、弁護士を付けずに裁判して、遅延損害君700万円を付けられて負けました。
二審で弁護士をつけて1000万円で和解しました。弁護士報酬は①原告の請求額1800円もしくは②一審の判決遅延損害金を加えた2500万円。どちらから弁護士報酬を計算するのが一般的なのでしょうか?又はどちらで計算するほうが多いでしょうか教えてください。
担当弁護士は何ら説明もなく②番で請求してきていますが、納得できません。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

弁護士報酬について,経済的利益の●●パーセント,といった金額になっているのだろうと思いますが,

一審判決が出ている場合,その判決で認められている金額が基準となるのが通常です。

判決ですから,遅延損害金がつけられていることがほとんどだと思いますが,

遅延損害金を含めた金額から算定するか,元金だけで算定するかは,ケースバイケースのところもあると思います。

今回は,遅延損害金が700万円と高額ですので,これが減額されるだけでもそれなりの利益といえますから,

遅延損害金をふくめた金額から報酬を算定することが多い事案ではないかと思います。

こういったことは弁護士が説明していくべきことなのですが,今回,説明もなく請求しているというのは,弁護士としてはどうかとは思います。

そもそも,契約時点で,報酬は経済的利益の●パーセントなので,例えばこれくらいの金額になるといくらくらいです,

と説明した上で,契約をするはずなのですが。

質問者: 返答済み 6 日 前.
ご回答ありがとうございます。一審から弁護士に依頼していたら①請求金額でしょうか?一審で負けてから弁護士を付けたので、遅延損害金を含めての経済的利益となったのでしょうか?

そうですね,いったん一審判決の結論が出ているので,

どうしてもそこからの算定になってしまいますね。

一審からなら,①になりますね。

khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 2114
経験: dasdasd
khyh1709をはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問