JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 7033
経験:  平成14年行政書士登録 中央大学卒業
61894004
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

親族が悩んでいたので、代わりに相談させて頂きました。本人、私自身も生活保護についての知識がなく相談させていただきました。

ユーザー評価:

親族が悩んでいたので、代わりに相談させて頂きました。本人、私自身も生活保護についての知識がなく相談させていただきました。
・今の状況を箇条書きで記入したいと思います。
・仕事中に倒れ、その後も仕事についていましたが、頭痛が酷く日常生活も難しくなり眠れなくなり退職しました。
・妻、子2歳がおり、妻のパート収入の不足分を生活保護で支援してもらっているようです。
・症状の原因を調べるため地域の病院から大学病院へ紹介され、先日大学病院で診察をうけ、同時に検診書の提出した。
・初診では原因特定できず、現在は検査、次回診察待ちの状態。
・ケースワーカーから、「病院から就労可能の書類が提出されたので支援の打ち切りをする」との電話連絡う受けている
・昨日、自傷行為を行い、話を聞くと、上記内容の連絡を受け、不安になりどうしたらいいいのかわからずにしてしまったと
このような状態ですが、原因精査、一部生活費支援を継続を希望しています。なには方法があれば教えてください。
どうぞよろしくお願い。
検診書(就労不可を記入する書類?)を提出して帰宅したところ、原因もわからい状態であるのに、大学病院側から就労可能な書類あ提出され、ケースワーカーより保護の打ち切りを臭わす電話連絡を受けたようです。検査も終わっていないとなどケースワーカーに伝えましたが、書類が全てですからと聞き入れてもらえず、不安から自傷行為も見られます。このような状況を撤回できる方法はあるのでしょうか?

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。まず、大学病院が、就労が可能と言う診断書を出せば、退職した職場に戻してもらうよう交渉された方が良いでしょう。また、仕事中に倒れたり頭痛の原因が何かもありますが、そもそも、自傷行為をするのは、うつ病の状態だと思いますので、就労は難しいのかもしれません。とりあえず、他の心療内科等に受診されて、新たな診断書をもらうのも手でしょう。その上で、市議会議員などに福祉事務所に働きかけてもらうのも手です。まずは、現状、就労が難しい診断書を出してもらうことです。書類がすべてなら、そうすべきかもしれません。頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12362;忙しいなか返信ありがとうございます。私が無知なため、もう少し質問お願いします。
「就労が難しいこと」の記載がある診断書であれば、役所に指定された検診書でなくても大丈夫なのでしょうか?
また現在だされている医療券は今週に予定されてる検査、診察は対象から外れ、現金の支払いが発生するのでしょうか?
このようなことを、誰にきていいのかわからず、この場を借りて質問していますが、よろしくお願いします

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。基本的に、書類がすべてなら、セカンドオピニオンで、違う診断書が出れば、対応せざるを得ないと思います。生活保護の対象で無ければ、医療費はかかるでしょうが、それしか方法は無いかもしれません。また、生活保護は、市区町村ごとに異なるので、他の市区町村に転居して請求してみる手もございます。財政が厳しい自治体の対応は厳しいかもしれません。

supertontonをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
19969;寧に説明をしてもらえたことで、少し楽になりました。わかない事で不安ばかりでしたが、なんとか頑張ってみます。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12414;た相談に乗って頂くことがあると思うのでよろしくお願いします

ありがとうござしました。こちらこそ、よろしくお願いいたします。このコメントに対する返信は、ご不要です。

消費者被害 についての関連する質問