JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 消費者被害
満足したユーザー: 1159
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 消費者被害 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

NHKの受信料についてです。 昨日、私が留守中に妻がNHKの方が訪問し、受信料を払ってください。と言われたそうです。

ユーザー評価:

NHKの受信料についてです。
昨日、私が留守中に妻がNHKの方が訪問し、受信料を払ってください。と言われたそうです。
妻も実家から出たことがなく、受信料については、知らないことが多く、その方に法律で決まっているので、払わないといけないといわれたそうです。ほぼ何の説明もないまま、契約してしまい、困っています。
この場合、世帯主ではないので、契約を解除することは可能なのでしょうか?
引き落しの口座も妻ではなく、私の口座を指定しています。
また、契約して間もないので、クーリングオフを適用できないかなども考えております。
テレビがある以上、支払う必要があるのかもしれませんが、このままでは世帯主として納得できません。
長々と書きましたが、ご回答よろしくお願いいたします。

放送契約については、いろいろ議論もあるところなのですが、NHKに限らず民間のBS・CS放送なども含めて、クーリングオフ制度の対象外となっています。したがって、クーリングオフはできません。

受信契約について世帯主であるかどうかというのは関係ありません。奥様がご自身の名義で契約されたのであれば当然有効ですし、ご相談者様の名義で契約された場合でも、夫婦には法律上日常生活の代理権があるとされているため、無効の主張も難しいでしょう。

現在のところ最高裁判例はおそらくないものと思われますが、高裁判決はありますので、参考までご紹介いたします。(地裁では契約無効と判断されたものの、高裁で逆転敗訴した事例になります)

参考

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/focus/367.html

houmuをはじめその他名の消費者被害カテゴリの専門家が質問受付中

消費者被害 についての関連する質問