ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rushqkに今すぐ質問する
rushqk
rushqk, パソコン専門家
カテゴリ: コンピューター・周辺機器
満足したユーザー: 48
経験:  AV機器開発、ソフトウェア設計
60440014
ここに コンピューター・周辺機器 に関する質問を入力してください。
rushqkがオンラインで質問受付中

こんにちは。@nifty会員の田尻と申します。 アシスタント:

質問者の質問

こんにちは。@nifty会員の田尻と申します。
アシスタント: 了解しました。そのniftyメールのトラブルですが、再起動などご自身で何か試みられたことはありますか?
質問者様: 先月より、ブルーバック画面が表示され、作業途中でも再起動が繰り返されるようになり、困っています。
初期立ち上げ時でも、動作が不安定で、ブルーバック画面となり再起動を繰り返します。
現在は、セーフモード(ネットワーク有効)で立ち上げて質問しています。
使用マシンのスペックは、
プロセッサ:Intel(R) Core(TM) i7-6700HQ CPU @ 2.60GHz 2.59 GHz
実装RAM:8.00 GB (7.86 GB 使用可能)
Windows エディション:Windows 10Home
バージョン:21H1(インストール日:2021/‎01/‎17)
OSビルド:19043.1237
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、パソコン専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 現在うまく立ち上がらないので、セーフティモード(ネットワーク有効)で立ち上げています。
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: コンピューター・周辺機器
専門家:  pcnakado 返答済み 12 日 前.

ご質問ありがとうございます。

フリーエンジニアのpcnakadoでございます。

この度の質問に対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。

なお、お急ぎだとは思いますが、確認作業や本業の都合などにより、返答までにお時間をいただく場合がございますので、なにとぞご理解いただきますようにお願いいたします。

また、後程システムより案内される安心リモートサポートや電話サポートに関しては、専門家からのプレミアムサービスとの名称で、あたかも専門家が提案しているようにご案内されますが、専門家が提案しているものではございません。

プリンターや家電製品、機器故障など、リモートサポートで対応できない商品や内容であっても全ての相談に対して自動的にサイトから案内されている広告となります。

本業や他の相談のスケジュールもありますので、事前の時間調整の連絡なくお申し込みになられた場合には、お受けいたしませんので、ご注意ください。

質問の内容を確認させていただきました。

発生しているエラーはBSoD(Blue Scree of Death)と呼ばれ、直訳すると死の青い画面というものです。

このエラーでは、RecoveryやCritical とのメッセージの表示もある場合がほとんどで、システムに致命的な障害が発生していることを意味していますので、niftyなどが起因しているものではございません。

このエラーの原因の多くは、ハードウェア障害であり、パソコンに搭載されている部品の故障や、未対応機種に最新バージョンのOSをインストールしている状態で、OSの更新が引き金になって致命傷に至っている場合が多いです。

障害の発生原因のほとんどが故障や、OSの未対応であることが原因となっているため、現状のままの復旧は、非常に厳しいものとお考え下さい。

この度の障害に関しても改善方法に関するまとめサイトをご案内させていただきます。

下記のサイトの対処方法をお試しください。

https://eijiman.com/windows10-blue-screen-resolve/

上記リンク先の方法で改善されないようであれば、OSの再インストールを行わなければならない場合もございます。ただし、事前の説明でも触れておりますが、機器故障の疑いもあるため、再インストールで必ず改善できるというわけではありません。

故障の可能性も否定できませんので、再インストールを行われても改善がみられないようであれば、故障と判断していただき、修理もしくは買い替えをご検討なさってください。

データの救済を優先されるのであれば、ハードディスクなどのストレージを取り外し、別のパソコンを利用してデータの救済を行うことをご検討ください。

まずは、ご利用のパソコンの正式な型番をお教えください。