JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pcnakadoに今すぐ質問する
pcnakado
pcnakado, 電気・電子機器修理技術者
カテゴリ: コンピューター・周辺機器
満足したユーザー: 1430
経験:  パソコンの病院なかど 院長
97084900
ここに コンピューター・周辺機器 に関する質問を入力してください。
pcnakadoがオンラインで質問受付中

現在、使用していますPCはVAIOですが、Windows 10にグレードUPで使用、ウインドーズ ライブ

質問者の質問

現在、使用していますPCはVAIOですが、Windows 10にグレードUPで使用、ウインドーズ ライブ メールを使用して、インターネトで写真を40~50枚送付していましたが、ライブメールが4月30日より使用出来なくなり、アウトルック貴社の指導でインストールし始めたが、圧縮機能及び縮小機能が理解できないでいます、 *********

投稿: 19 日 前.
カテゴリ: コンピューター・周辺機器
専門家:  pcnakado 返答済み 19 日 前.

JustAnswerは公開フォーラムですので通常やり取りを行うページに個人情報を入力されると、入力された情報がインターネット上に公開されているということをご認識ください。
削除の申請は行っておきましたが、今後入力される内容に関しましては、個人情報の入力がないようにご注意ください。

この度のご質問に対応させていただきます。pcnakado(中土)でございます。
質問の内容を確認させていただきました。

下記利用規約は必ずご確認ください。

JustAnswer利用規約
http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0

まず正しくご認識いただく必要がある内容といたしまして、2つの内容がございます。
WindowsLiveメールに関しても2017年1月にサポートが終了しており、セキュリティの問題からすでに対応できなくなっているプロバイダーもあり、このメールソフトをご利用になられること自体がお勧めできるものではありません。

また、ご利用になっておられる機種は、Windows10に対応しておりません。
下記リンク先で確認いただくことができますが、SONYでは、Winodws7搭載機種でWindows10の動作対象に含まれている機種は存在しておりません。

SONY Windows 10情報
https://www.sony.jp/support/vaio/windows/10/

なお、SONYの場合、記載されいる情報は全てWindows10の出荷時のバージョンに関すいる内容です。最新のApril2018Updateに対する対応情報ではございません。

OSが未対応という状態は、安定していない土台と同じです。
システムが正常に動作することができない状態でそのうえで動作するソフトに異常が起きても不思議な話ではありません。

これはOutlookに乗り換えしたから改善されるというものではありません。

現在非常に多いお問い合わせの環境として、Windows7などからWindows10にアップグレードされている方に関する障害や、動作条件を満たしていないソフトや周辺機器で、今まで利用できていたものが突然利用できなくなったという内容のご質問が大多数を占めております。

仮にパソコンのハードウェア仕様がWindows10のインストール要件を満たしていたとしても、最新のバージョンに対応したデバイスドライバーなどをメーカーより提供を受けることができないため、継続的に安定動作させることは、不可能となっています。

最悪の場合には、起動すらできなくなるということもあり、その報告例も日増しに増加しています。

Windows10はこれまでのOSとアップデートの仕組みが大きく変わっており、WaaS(Windows As A Service)という仕組みが導入されています。

Windows10が最後のWindowsであり、以降新しいWindowsが発売されることはないという話をお聞きになられたことがあるかもしれませんが、これはWaaSによって実現されています。
WaaSをコンセプトのもとに将来的なサポートを行うものとしていますが、デバイスドライバーを含むソフトウェアを最新版(最新のWindows10に対応していること)に保つことが前提であるため、これを維持することができない(サポート対象に含まれていない)機種が結果として障害という形でサポートの終了を体験されることとなるのです。

ソフトウェアが動作サポート対象に含まれていたとしても、パソコン本体がサポート対象になっていないということは、土台が安定していない状況であり、予期していない障害が発生しても全く不思議ではない状態であるものとお考え下さい。
Windows10ではアップデートによって仕様が変更されるため、メーカーサポートされていないソフトウェアやハードウェアは最新のWindows10に対応することができなくなり、突然誤動作などを起こすことが起こります。事実上仕様の条件を満たされていないものが、切り捨てられる状態となっています。

未対応製品でWindow10をご利用になることは、毎月の修正プログラムによって不具合が発生するリスクを常に持っていることとなります。

参考情報のリンク
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1712/03/news013.html

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1707/21/news103.html

Windows10では、1年に2度のペースでメジャーアップデートという、バージョンアップが行われますが、Windows10自体のサービス日の終了このメジャーアップデートより18か月間となっているため、ここまでバージョンアップしていればよいといった過去のサービスパックなどと仕様が違い、アップデートし続けなければならないものとなっています。

既にWindows10初期バージョンとNovemberUpdate、AnniversaryUpdateまでサポートを終了しております。
メーカーサポートを受けることができない機種では、これらの更新プログラムをインストールさせることすらできない場合もあり、Windows7(2020年1月14日サポート終了)より先にサポートが打ち切られてしまいます。
現在Windows10におけるサポート対象となっているバージョンは、CreatorsUpdate(1703)とFallCreatorsUpdate(1709)と合わせてApril 2018 Update(1803)のみとなります。

あくまでも今まで運よく動作していたにすぎません。Windows10を継続利用すること自体が、今ある障害状況だけではなく、今現時点では発生していない別の障害が発生するリスクを常に持っているということをご認識ください。

メーカーサポートのない製品でWindows10をご利用の場合、現状のOS環境でのご利用はそれ自体が障害の発生原因となり、改善不可能なものですので、メーカー出荷時のOSに戻されることをお勧めいたします。

コンピューター・周辺機器 についての関連する質問