JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pcnakadoに今すぐ質問する
pcnakado
pcnakado, 電気・電子機器修理技術者
カテゴリ: コンピューター・周辺機器
満足したユーザー: 2155
経験:  パソコンの病院なかど 院長
97084900
ここに コンピューター・周辺機器 に関する質問を入力してください。
pcnakadoがオンラインで質問受付中

古いビスタ時代のパソコンをウィンドウズ10にしたのですが

ユーザー評価:

古いビスタ時代のパソコンをウィンドウズ10にしたのですが 反応が遅いのでメモリー増設を行いハードディスクをSSDにしたのですが 物足りないのでCPUを換装したらもう少し使えるのではないかとAMD Turion 64 X2 TL-52から TL-58に変えてみて 電源を入れたところすぐ切れて立ち上がりません
元のCPUに戻したのですが電源がすぐ切れてしまうようになりました
何が原因で電源が切れるのか判らず困っています
もう修理は不可能でしょうか

この度のご質問に対応させていただきます。pcnakado(中土)でございます。
質問の内容を確認させていただきました。

JustAnswer利用規約
http://ww2.justanswer.jp/ja/terms-service-0

上記利用規約は必ずご確認ください。
回答を行っております専門家は、質問者と同じサイト利用者です。専門家として登録されているものであり、JustAnswerの社員などではないということをご認識の上で、質問のやり取りを行ってください。
別の質問者様への対応だけでなく、土日を含め本業で外出している場合も多く、お問い合わせに対する確認にも時間を要することもあります。可能な限りお待たせすることがないようにはしておりますが、返信にお時間をいただくことがございますので、回答を催促されましても対応いたしかねます。

安心リモートサポートは、システムより自動でお申し込み可能な状態となりますが、リモートサポートで対応できる内容であるかの確認を行わせていただいております。
リモートサポートで改善ができるという確証を得られない状態ではお受けすることは行っておりませんし、ご希望の連絡なくお申し込みになられましても、リモートサポートで対応することは原則としてありません。
事前にこちらからの確認事項についての回答をご記載いただき、合わせて、リモートサポートのご希望をお伝えください。
そのうえで、対応の可否をご案内させていただきます。

マザーボードはCPUに対する対応が決まっています。ソケットだけではなくBIOSのチップセットやBIOSでの対応が必須です。
ノートパソコンの場合、CPUの交換は完全に想定外の行為ですので、交換が可能なCPUは非常にごくわずかしかないだけでなく、交換によって発生する弊害が全く予測が付きません。
交換されたTL-58はメーカーの出荷時期が違うため、マザーボードが対応しているとはとても考えられません。
しかも、TL-52とTL-58ではプロセスサイズが違うため、互換性があるとはとても思えません。

CPUが既に内部で焼き切れている可能性もありますが、もとのCPUに戻して電源断が発生していますので、この度の原因は、マザーボード故障である可能性が非常に高いです。

CPUに関しては、取り付けされていない状態であっても、電源が切れることはありません。
電源を制御しているのは、マザーボードであり、CPUに異常がある場合には、ビープ音によってエラーを知らせる機能が搭載されているため、電源が切れるという症状を起こすことはないのです。

CPUの交換の際に、静電気によって基盤をショートさせた可能性が高いでしょう。

某メーカーの、出張修理を行っておりましたが、静電気対策は、非常にうるさく言われており、静電気によるショートは体感で感じるようなものではなく、普通に基盤に触れるだけでショートしてしまいます。

マザーボードには、必ず電機が帯電していますので、基盤に触れる場合には、放電処理もしくは、静電気防止マットの利用を行われなければ、簡単に基盤をショートさせることができるのです。

マザーボードの修理に関しては、事実上交換以外に対処方法はありません。
メーカーが修理を受け付けてくれないと思いますが、仮に修理を受け付けてくれたとしても、最低でも3万円が修理代としてかかるでしょう。

古い機種の再利用のためにこの金額を投資する意味はないと思います。

いずれにしても、ご利用の機種はWindows10に対応していません。

デバイスドライバーなどの問題で、現在Windows7などからバージョンアップしておられた方がことごとくエラーなどの障害が発生しております。

仮にパソコンの仕様がWindows10のインストール要件を満たしていたとしても、、最新のバージョンに対応したデバイスドライバーなどをメーカーより提供を受けることができないため、継続的に安定動作させることは、不可能となっています。

Windows10はこれまでのOSとアップデートの仕組みが大きく変わっており、アップデートによって仕様が変更されるため、メーカーサポートされていないソフトウェアやハードウェアは最新のWindows10に対応することができなくなり、突然誤動作などを起こすことが起こります。事実上仕様の条件を満たされていないものが、切り捨てられる状態となっています。
未対応製品でWindow10をご利用になることは、毎月の修正プログラムによって不具合が発生するリスクを常に持っていることとなります。

Windows10が最後のWindowsであり、以降新しいWindowsが発売されることはないという話をお聞きになられたことがあるかもしれませんが、互換性を維持せず更新していくことによって、これを実現しているとも言えます。
Windows10では、1年に2度のペースでメジャーアップデートという、バージョンアップが行われますが、Windows10自体のサービス日の終了このメジャーアップデートより18か月間となっているため、ここまでバージョンアップしていればよいといった過去のサービスパックなどと仕様が違い、アップデートし続けなければならないものとなっています。

メーカーサポートのない製品でWindows10をご利用の場合、現状のOS環境でのご利用はそれ自体が障害の発生原因となり、安定動作は不可能なものですので、運よく改善できるようなことがあったとしても、まともに利用することはできないでしょう。

仮に復旧できたとしてもWindows10ではなく、Linux系OSなどをご検討されたほうがいいでしょう。

質問に対して結論を得ることができましたら評価の登録をお願いいたします。
評価の制度は、専門家の回答に対してのものとなります。
問題の解決とは全く関係なく、専門家の知識力や技術力の評価として用意されているもので、問題に対して結論を得られることができたかどうかを判断基準として、質問を終了される際にご登録ください。
マイナスの評価は、質問の継続となりますので、マイナス評価の登録される場合は、不満に思われる内容と合わせて、よりお詳しい状況をお伝えいただきますようご協力ください。
評価によって質問者に負担が発生することはございません。

pcnakadoをはじめその他名のコンピューター・周辺機器カテゴリの専門家が質問受付中