ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 19133
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

飼ってる猫がずっと涎を垂らしてます。

ユーザー評価:

飼ってる猫がずっと涎を垂らしてます。
8月から肝臓の数値が悪く確定の診断ではありませんがリンパ腫の可能性があると診断を受けております。
三日前から毎日吐き始めて昨日吐き気どめの薬を打ってもらいました。
昨日の晩から吐きはしませんが餌をあげようとすると条件反射のように涎がブワーと出てきます。
しばらくすると涎は止まります。
朝からなにも食べれていないのでどーにかあげようと思ってますがやめたほーがいいですか?

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

嘔吐をすると逆流性食道炎、誤嚥性肺炎、ミネラル喪失につながりますので、嘔吐してから6時間は絶食、絶水にしてあげてください。

理由としては、嘔吐後も嘔吐がないだけで吐き気は残っているため、吐き気がある状態で飲食をし胃袋の中にものが入っている状態で嘔吐すると、脱水よりも危険な誤嚥性肺炎という危険な状態になってしまいますので絶食、絶水が重要です。

そのため、吐いていなければどーにかあげても大丈夫です。

質問者: 返答済み 15 日 前.
22238;答ありがとうございます。
静脈注射について詳しく知りたいのですが入院はせず朝イチに病院に連れて行き夕方には連れて帰る事は可能でしょうか?
また静脈注射のリスクはなにかありますか?

それは半日預かりといいよく行いますので、可能です。

リスクは長時間かかるということになります。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12418;う一つ教えていただきたいのですが肝臓の数値が悪く検査で目に見えて悪いところがなく確定するには肝生検(これでも分からないことがある)といわれ全身麻酔かの中この体力では多分耐えれないと思い検査に踏み切れません。
歯周病で(9月に治療済み)肝臓がダメージを負うも聞いたのですがその場合は抗生剤などで治療していくのですか?
現在抗生剤は投与しておりません。

抗生物質にも副作用があります。それは肝臓に負担を与えることです。

抗生物質は肝臓で分解されますが、最近にしか効果がないので、細菌性の肝臓の病気であれば使用します。

しかし、とりあえず原因ががわからないけど肝臓に負担を与える抗生物質を使ってみる、という様な治療はあまり一般的ではありません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
29702;解できました。
では肝生検で原因を確定してからでないとダメということでしょうか?
質問者: 返答済み 15 日 前.
12385;なりに超音波の検査はと精密なエコーでの検査はまだしておりません。

ダメというわけではありませんが、推定で治療を始めるよりも猫の負担が少なく安全性が高いということになります。

肝生検の前に、麻酔をかけなくてもできるエコーと針生検はすることが多いです。

質問者: 返答済み 15 日 前.
37341;生検というのは細胞検査でしょうか?
かかりつけの病院でエコーは異常は無かったです。
ただエコーの精度があまり良くないと先生がおっしゃっていたので精度のいいところで再度受けさせた方がいいでしょうか?

エコーは機械の精度、そして獣医師によってかなりばらつきはあります。

針生検はエコーを見ながら針を刺す細胞検査です。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
19968;度針生検ができるところを探してみます。
ありがとうございました。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

猫 についての関連する質問