ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 19001
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

糖尿病を患っている猫が一昨日から食欲が無くなり、昨日の午前中に動物病院で診察していただき、嘔吐止 アシスタント:

ユーザー評価:

糖尿病を患っている猫が一昨日から食欲が無くなり、昨日の午前中に動物病院で診察していただき、嘔吐止
アシスタント: 猫ちゃんはいつもより疲れているように見えますか?
質問者様: 嘔吐を抑える注射、点滴を打ちました。夜中に急に足腰が立たなくなり、おしっこを漏らし(匂いはあまりキツくないです)口呼吸になり、意識が朦朧としています。 もうダメかと思っているのですが、5時間以上この状態で、いつも通りインスリンを打って良いものか悩んでおります。
アシスタント: 猫ちゃんは痛みを感じているように見えますか?
質問者様: 痛みは感じていなさそうです。ただ、時々もがくように手足を動かしています。
アシスタント: 最後に、猫ちゃんのお名前と年齢を教えていただけますか?
質問者様: 名前はだいず、年齢は13歳です。糖尿病は6年前から治療しています。
アシスタント: お繋ぎする前に、上記の他に獣医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 他にできる対処方法があれば教えていただきたいです。

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

猫の糖尿病の治療の目的は長期間の高血糖を予防することであり、

また糖尿病の治療における最大の合併症は食事をとっていない上でのインスリン注射による低血糖になります。

そのため、食事を取れていない場合はインスリンは打たない方がいいです。

まずご自宅では、パウダーフードやビタミン剤をお持ちならそれを溶かして、スポイトなどでクチの横に垂らして飲ませてあげてください。

30%砂糖水や、ポカリやアクエリ、野菜ジュースや果物ジュースを2倍程度に薄めたもの、カロリーの高い果物:バナナやリンゴなどの果物でも大丈夫です。

ある程度飲んだら、すぐに27℃程度に室温を保温をしたうえで真っ暗にして寝かせてあげてください。

寝かせると体力消費を最小限度に抑えられます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
早速野菜ジュースを薄めたものを口に入れてみたところ、意識が朦朧とした状態ですが少し飲んでくれました。
ぐったりしており、おしっこも垂れ流し状態で時々手足をもがくように動かすのですが、やはり覚悟はしておいた方が良いでしょうか。

失禁状態であると考えられますので、命に関わる可能性は考えられます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
25215;知致しました。やれることはやって見守ります。
ただ泣いて撫でることしかしてあげられなかったので、具体的なご指示をいただき大変助かりました。ありがとうございます。

お役に立てたようで幸いです。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

  1. もし、お時間があるときに評価入力いただけましたら幸いです。 画面の「評価」から星印の数の選択になります。 並んでいる星印の右側から選択をお願いします。

次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。

猫 についての関連する質問