ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 15507
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

猫が右後ろ足を引きずっています アシスタント:

ユーザー評価:

猫が右後ろ足を引きずっています
アシスタント: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
質問者様: 7ヶ月の雄 スコティッシュフォールドです
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: どこかから落ちたりギズなどの見た目の変化はありません。

経過の記載ありがとうございます。状況は把握致しました。

症状の記載のみでは回答が困難であるため、具体的な質問内容を記載いただいてもよろしいですか?

ご不明な点を疑問文で質問いただきますと、より的確に飼い主様の疑問にお答え可能です。

例)病院を受診した方がいいですか?

質問者: 返答済み 6 日 前.
25937;急病院を受診した方が良いでしょうか
質問者: 返答済み 6 日 前.
12488;イレ食事はいつも通りです

承知しました。

では、まず緊急性が非常に高いか=今すぐ病院受診が必要な状態かご確認ください。

緊急性が高い(=すぐに病院での治療が必要)場合は、24時間排尿していない、口を開けての呼吸、今も嘔吐し続ける、てんかん発作(重責発作:発作中に発作、5分間隔での発作)、舌色が青・紫や白、安静時の1分間の呼吸回数が40回以上、歩けない、立てないなどの症状がある時です。

添付資料も参考になさってください。

上記がなければ様子を見て、明日の受診で大丈夫です。

可能性としては、血栓症や捻挫、大体骨頭滑り症などが考えられます。

Dr Annをはじめその他2 名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございます
歩いてはいますので明日病院に連れて行きます

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

猫 についての関連する質問