ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 7791
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

Dr.Ann様 先日はありがとうございました。 早速次の質問、よろしいでしょうか?

ユーザー評価:

Dr.Ann様
先日はありがとうございました。
早速次の質問、よろしいでしょうか?
先日亡くなった庭ネコの長男には、母猫と2匹のきょうだいがいます。雄と雌です。
今のところ元気ですが、長男が白血病とエイズであったことから、家族もキャリアである可能性は高いと聞きました。
それで、何とか1匹づつでも捕獲して検査し、2年ぶりのワクチンなども打ちたいと考えています。
ただ、家の中には2匹の保護猫がらおり、庭ネコは検査やワクチンを打ったあとは再び庭にリリースするしかないかなあー、と思っております。
そこで質問なのですが、白血病やエイズのキャリア猫の場合、発症を止めるクスリとか、あるのでしょうか?。
捕獲した際に注射などで対応できますか?。

ご質問ありがとうございます。

発症をできるだけ予防、いわゆる人のエイズと同じような注射はあるのですが、月に1回打つ必要があります。

毎月捕獲できそうでしょうか?

インターキャットという免疫賦活剤を注射することが多いです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。
そうですか、毎月ですか…。
正直言って、それはかなり難しいと思います。
思いきって家猫にすればよいのですが、家の中にはすでに庭ネコファミリーとは関係のない猫が2匹いまして、さらに庭ネコを3匹飼育することはかなりの困難が伴うと思います。そのインターキャットは白血病発症も阻止できるのでしょうか。

家猫にする場合は、必ずノミダニ、消化管内寄生虫、猫エイズ白血病を確認してからになります。

インターキャットは白血病の阻止にもなります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12381;うですか。
やはり、検査をして白血病やエイズのキャリアと判明すれば、家猫にするには難しいのでしょうね。

そうですね。

検査をして陽性ですと、今の段階では根治が困難なので、今の自宅にいる猫ちゃんも感染する可能性があります。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございました。
よくよく考えてみます。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

猫 についての関連する質問