ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 3963
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

本日、飼い猫が死去しました。その際対応して頂いた病院の処置について少し疑問があり質問させて下さい。

ユーザー評価:

本日、飼い猫が死去しました。その際対応して頂いた病院の処置について少し疑問があり質問させて下さい。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 年齢は7歳4ヶ月。雄。スコティッシュフォールドになります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 1/11に食思不振、少量の嘔吐が一回あり、1/12に病院受診しました。その際、血液検査で、BUN140.0mg/dl、クレアチニン10.67mg/dl、カリウム8.3mEq/lと高値。また膀胱が約5センチまで肥大するくらい尿が溜まっており、カテーテルで尿を排泄する処置が行われました。その際入院になったのですが、2時間後には心肺停止の連絡が入り死去致しました。治療についての説明などを受けたのですが、その際、先生が「同じ体勢でいたから確認したら呼吸をしていなかった」と言っていて、カリウムが高値で心電図モニターで管理したり、排尿した際に血圧低下によるショックなどを考慮して管理はしていなかったのか?と疑問に思ってしまい、未だに死を受け入れられないでいます。そもそも動物の場合どの様な管理をするのかすら分からないのですが、この様な場合の管理方法を教えて頂きたく質問致しました。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
23452;しくお願い致します。

こちらをご覧ください。

現在猫の腎臓病はクレアチニンの数字によってステージ分けされております。

その中で今回クレアチニンが8ということはステージ4で急性腎不全か、慢性腎不全の末期だと考えられ、いつ何が起きてもおかしくない状況であったと考えられます。

しかし、気になるのは膀胱が腫れていたことです。

通常腎臓が悪くてもおしっこは出すことはできますので、これが溜まっていたとなると、雄猫で多い尿道結石が考えられます。

もし尿道結石であれb亜急性腎不全急激に悪化したことは想像がしやすいです。

ご質問内容ですが、カリウムが高い場合は点滴でカリウムを下げる処置は行います。

しかし、排尿させた時に血圧低下は起こりませんし、カリウムが高値でも心電図はみないです。

なぜなら、カリウムが高い場合は、心電図に異常が出るのはわかっており、それは治療には関係ないからです。

心電図に異常があるとカリウムが高いということはわかりますが、この場合は値が重要なので血液検査でのモニターが推奨されております。

心電図が有効なのは、心肺停止になった後、人工呼吸器などに繋いだ時に重要です。

つまりこのような猫ちゃんがきた場合、もし結石で尿が溜まっていたのであれば急性腎不全によるショックが考えられ、カリウムや腎数値を下げるために点滴を大量に流しながら、いつ死亡してもおかしくはない状況なので、5分間隔で定期的にようすをみて心肺停止になった場合は蘇生処置という管理が必要であったと考えられます。

それをみていなかったのは想像力不足だと考えられます。

質問者: 返答済み 15 日 前.
36820;答ありがとうございます。先生のおっしゃる通り、尿道結石により排尿が出来なくなっていた為にこの様な事態が起こりました。
ネット等で色々調べて誤った知識を訂正して頂き、また治療方法や管理方法を教えて下さり有り難うございました。
先生の回答を何度も読み返しながら、最後、飼い猫が受けたであろう処置を想像しながら、よく頑張ったねとやっと思える事ができました。点滴内容までは聞いてはいませんが、処置自体は適切であったのだろうと思える様になりました。5分間隔での観察はどうであったかはわかりませんが、最善を尽くして下さったと信じようと思います。
明日、火葬で飼い猫は旅立ちますが、しっかりお別れが出来そうです。ありがとうございました。

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記より文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問