ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2950
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

8歳の雄猫なのですが、普段は粗相はなかったのですがトイレ以外の場所(ベッドやソファ、カーペットなど)で極少量のおしっこを

ユーザー評価:

8歳の雄猫なのですが、普段は粗相はなかったのですがトイレ以外の場所(ベッドやソファ、カーペットなど)で極少量のおしっこをしています。昨日は少し赤味のある濃いおしっこでしたが昨晩からどんどん色は薄まり黄色→ほぼ無色で相変わらず少量です。ベッドやカーペットで後ろ足をバタバタしたり、トイレでじーっとしていたり、股間をかなり気にしているように思えます。膀胱炎でしょうか?病院に行くこと自体が苦手な猫で、いつも怖がっておもらししてしまう子なので、病院に連れて行くのも一苦労で困っています…。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 記載通り8歳のオス猫で、猫種は雑種ですが、この子の母猫はラグドーフです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 一昨年肝リピドーシスで2週間ほど入院しておりました。そのため猫の体調はかなり心配になってしまうのですが、入院生活のトラウマか、わたしがキャリーに触れたり病院に行くときに似たような行動をとるだけで怖がっておもらししてしまうので、もし病院に行かずに治療できる方法があれば教えてほしいです。 また、2匹飼っております。もう1匹は2歳半のバーマンでメスです。仲は良くもなく悪くもなくという距離感です。

初めまして質問ありがとうございます。

膀胱炎の疑いということでご心配ですね

病院に行くのが難しいようなら、往診の先生を呼んで

検査や治療をしてもらいましょう

原因としては

①細菌感染

②尿道結石

③ストレス

などが疑われます

質問者: 返答済み 24 日 前.
9312;の場合は二匹飼っているのでもう一匹にもうつりますか?もう一匹はケロッとしているので2か3ですかね…?
ストレスは思い当たる節があり、年に一度ぐらいしかわたしが外泊することはなかったのですが、12月に仕事の出張で二度も家を三日ほどあけたので、不安にさせてしまったのではないかと思っています。。。ペットカメラで様子を見ている間は特に変な様子はなかったのですが、帰宅後にそのような行動をとるようになっていました。

別の専門家です。

>①の場合は二匹飼っているのでもう一匹にもうつりますか?もう一匹はケロッとしているので2か3ですかね…?

とありますが、もう一頭にうつるようなことはありません。

現状の症状としては、細菌感染による膀胱炎の可能性も十分あり、これは皮膚の常在菌であったり、陰部肛門周りの大腸菌など猫自身や環境由来の細菌の感染症であることが多いです。

ストレスや尿路結石の可能性ももちろんあるのですが、まず、ストレスによる症状と診断するには、他の可能性を除外しなければならないため、細菌感染や結石に対する治療を行ったも中々改善しないような場合に初めてストレスによる膀胱炎を疑います。

尿路結石による膀胱炎ですが、こちらが一番問題となることが多く、もし尿路結石が原因の膀胱炎の場合は、根本的にはフードを尿路結石用の療法食に変更しなければ、改善も期待できませんし、より症状が悪化する可能性があります。

特に尿路結石で大きな問題は、オスの場合は尿道が細いため、尿道の先に結石が詰まってしまう、尿路閉塞というものがあります。

もしこの尿路閉塞を起こすと、緊急でカテーテル処置で閉塞を解除しなければ、重度の急性腎不全を起こし、そのままの状態で2~3日もすると亡くなってしまいます。

このように、様々な原因による症状の可能性があり、特に尿路結石であれば、往診や投薬のみで対応することはできないので、可能であれば無理にでも動物病院を受診されることが好ましいです。

多少でも尿が出ている様子であれば、まだ完全な尿路閉塞の状態ではないため、緊急性は低くはなりますが、この場合は最低でも抗生剤の内服を治療して、まずは細菌性膀胱炎の疑いで早急に治療を開始されるべきです。

その他詳細について疑問な点などがありましたら、お電話での対応も承っております。

atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2950
経験: 臨床家
atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問