ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1311
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

現在13歳の猫 心筋症と甲状腺亢進症、9月末に診断受け治療中です。

ユーザー評価:

現在13歳の猫 心筋症と甲状腺亢進症、9月末に診断受け治療中です。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 13才のオスで、雑種です。胸水がたまり、このところ毎週抜いています。きょうも抜いて、利尿剤や心臓の薬を増量、甲状腺の薬と今日からカリウムが減少してきているのでそれを補う薬りもでました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今行っているのは、治療だと思っていますが、病院に連れていくのが大変で、興奮と攻撃的になり、帰ってきて猫がぐったりしています。このまま続けていくべきなのか。お聞きしたいです。

ご連絡ありがとうございます。

胸水貯留がある場合、これは抜かないといけない問題です。

多分ですが、甲状腺機能亢進症→肥大型心筋症→胸水の流れと考えられます。

胸水について、減少傾向ならば利尿剤による治療も効いていると思うのですが、心臓の問題がどうなっているのか?

それで水がたまりやすいのか?でまた問題は変わってくると考えられます。

現在飲まれているお薬がわかればお知らせください。

また、腎機能障害が出ていないかもまた心配です。

その辺もお分かりでしたらお知らせ下さい

質問者: 返答済み 26 日 前.
33016;水が貯まる間隔が短くなって来ていて、心臓の状態は一進一退です。薬の具体名はわかりません。腎臓の機能は保たれている様ですが、今日の血液検査でカリウム減少がわかり、カリウムの薬も加わりました。胸水は今後も抜きつづけるのでしょうか?猫の体力が心配なのですが。

そうなんですね。

多分、カリウムの減少ならラシックスかな?と思います。

繊維化の進行を防ぐのに、トラセミドへの変更も検討してもらう方がいいかもしれませんね。

胸水を抜くのが本人の体力的な問題もある場合、例えば軽い鎮静をかける、または飲める鎮静薬で落ち着かせてやると言うのも一つかもしれないですね。

または、在宅管理だと厳しいですが、胸腔ドレーン設置術とか、そう言う持続的陰圧バックというのがあるので、お家で抜くみたいなことも提案できます。

ただ、ドレーンは設置に麻酔が必要なことが大きな問題になりますから、人みたいに局所麻酔でとはいかない欠点もありますが。

そこはかかりつけの先生とも相談になるかもです。

胸水貯留は肺が広がらなくなる、心臓が頑張る量が増えるといった問題が大きいので、抜ける限りは抜いてあげたいというのは獣医師側の願いではありますが。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ご不安な時はいつでもご相談ください!

https://www.justanswer.jp/pets/expert-bluerose2017/

こちらからご相談されますと、継続的なお話がしやすくなります。

同時に、質問の文頭に「</strongCustomerを希望」と書いていただければ、私が対応致します。

猫 についての関連する質問