ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2900
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

8歳の猫です。ここ2ヶ月ほど下痢や軟便が続いており、1ヶ月程前に受診しました。下痢止めでも治らなかったため便検査、レント

ユーザー評価:

8歳の猫です。ここ2ヶ月ほど下痢や軟便が続いており、1ヶ月程前に受診しました。下痢止めでも治らなかったため便検査、レントゲン、エコーをしてもらいましたが炎症反応がありその他は異常なしでした。消化器に良い食事に変えましょうということで変え、それでも良くならなかったので量を半分に減らしていますがなかなか良くなりません。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 8歳、雄、アメリカンショートヘアーです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: このまま良くならなければ外注で便検査を依頼するとのことでした。外注の検査で原因はわかるのでしょうか。 また考えられる病気は何でしょうか。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

まず外注検査でわかることは、猫コロナウイルス、パルボウイルスなどの感染症、クロストリジウムやカンピロバクターなどの細菌、原虫などが診断できます。

炎症反応がある場合はIBD,炎症性腸疾患、リンパ腫が年齢も考えると可能性が高いです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
IBD,炎症性腸疾患、リンパ腫は下痢の他に症状はありますか?
下痢以外は食欲もあり元気なのですが...

いえ。

私がこれらの病気をあげたのが、これらの病気は初期は下痢のみ、元気食欲はあり、超音波検査では明らかな異常がないのが特徴だからです。

そしてこれらの病気を診断するには、内視鏡で生検することが必要です。

質問者: 返答済み 16 日 前.
IBD,炎症性腸疾患、リンパ腫だった場合どのような治療になりますか?

IBDなどの炎症性疾患の場合は食事療法やステロイド、リンパ腫であれば抗癌剤になります。

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

お大事になさってください。

次回またご質問がございましたら、その際はぜひ私を指名していただければ幸いです。

下記より、ご質問いただきますと、私が対応させていただきます。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

この度はご質問いただきありがとうございました。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問