ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2481
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

FIPに関してですがよろしいですか?

ユーザー評価:

FIPに関してですがよろしいですか?
JA: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 11か月の女の子です。猫コロナウイルスとクロストリジウムが陽性で猫コロナウイルスの抗体価は1600倍のグレーゾーンです。下痢軟便が続いています。ペットショップかブリーダーのところですでに感染していたのではと獣医さんから言われています宇。発症が怖いので、いろいろ調べていまして、ムティアンという薬が効くと知りました。しかし協力病院が近くになく毎日が不安です・・・
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 長野県にこの薬を取り扱っている病院の情報が無いか知りたいのですが・・・昨日今日と朝夕二度ゲリでした。抗体価は何か月おきに調べたらいいですか。過去二回調べて二回とも1600倍でした。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

質問者: 返答済み 6 日 前.
23621;住している長野県には取り扱う病院が無く、個人輸入には不安があります。でも命は助けたいです。発症しないかもしれませんが、発症した場合のその先が見えません。関東圏に何件かムティアンを取り扱う病院があるのですが、すぐの移動が難しいです。

猫のコロナウイルスの平均生存日数はたったの 9 日と言われています。

2019年4月、カリフォルニア大学デービス校(UC davis)の研究グループが、FIPの特効薬になりうる新薬「GS-441524」を発表しました。

しかし、すべての猫を救うことはできず、31頭中5頭は治療の甲斐なく、亡くなってしまいました。

これを中国が作り輸入しているのがムチアンです。

アメリカで作られたものとは微妙に違い。ます

通常このような薬が出た場合は、多くの猫ちゃんに使われて論文が多数出てきいます。

しかし、現在論文は全く出ておらず、効果は今のところ不明です。

残念ながら、現段階では「GS-441524」は日本では未承認のお薬なので、基本的には使用できません。

そのため非常に高額で、1日につき1万円を84日間継続することとなります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12493;ットで色々な声を調べました。SNSで多くの飼い主がこのお薬を試して良い成果を確認しているのです。そんなのを見ると我が子にも飲ませたいと思っていまいますよね。かかりつけ獣医さんも、個人輸入で良くなっている猫が患者にいると言っていました。100パーセントでないことも承知してはいるのですが・・・
質問者: 返答済み 6 日 前.
100万円以上かかるということも分かっています。もしも発症した場合を考えると、幸せを求めて暮らし始めた猫との生活が不安とストレスしかなくなってしまって・・・抗体価1600倍という数値は、発症まですぐ、と考えられるのでしょうか。

お気持ちはわかります。

しかし獣医師は認可されていない薬を、勧めるわけにはいかないことを法律で定められていますので、お近くの病院で輸入をしていただけないことを責めることはできないと思います。

関東に4件、大阪、広島、宮城に一件づつ存在していますので、そちらに連絡して取り寄せてもらうのが現実的だと思われます。

決して抗体価の高さと発症は一致するものではありません。

FIPの原因は『猫コロナウイルス』です。

猫コロナウイルスは主に感染猫の糞便を介して感染が成立しますが、通常は感染しても、軽い下痢を起こす程度で、ほとんど無症状です。

しかし、一部の猫では、猫コロナウイルスが突然変異を起こします。

そのため変異していないコロナウイルスでも抗体価は上がります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12381;れも承知しています。かかりつけの獣医さんを責めてなどはおりません。
質問者: 返答済み 6 日 前.
21513;祥寺にある病院が一番近いのかな、と思うので、いざとなったらそこに行くことしかできないのかとも思っています。どこの病院も一度は診察をしないとだめみたいなので。発症する可能性はどのくらいだと思いますか?全く分からないものですよね・・・

また、この薬の使い方ですが、基本的には発症してからの使用が論文で推奨されていますので、手元に置いておいて発症したら使うと言う形になります。

発症の可能性は不明で、FIPの発症を完全に防ぐことできません。

しかし、FIPの原因となる猫コロナウイルスは多くの猫元々が既に保有しており、その感染を防ぐことは非常に難しいのが現状です。

そのため、FIPにならないためには、猫コロナウイルスをFIPウイルスに変化させないこと、すなわちストレスや免疫低下(FIV,FeLV)を避けることが重要です。

質問者: 返答済み 6 日 前.
30330;症してから病院には行くつもりでいます。ですので近くに取り扱いのある病院があるか調べているのですがなかなかむずかしいようで・・・
質問者: 返答済み 6 日 前.
12473;トレスをかけないようにと毎日そればかり考えています。
質問者: 返答済み 6 日 前.
1600倍の抗体価、についてはどういった見解でしょうか。下痢軟便がずっと続いています。

決して抗体価の高さと発症は一致するものではありません。

ほとんどの猫がコロナウイルスを持っていることを考えると、クロストリジウムが下痢の原因になっている可能性は高いです。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12381;こを指摘してくださったっ先生は初めてです!

上記の通り猫コロナウイルスは主に感染猫の糞便を介して感染が成立しますが、通常は感染しても、軽い下痢を起こす程度で、ほとんど無症状です。

そしてFIPを発症していれば下痢だけではすみません

質問者: 返答済み 6 日 前.
20108;つとも下痢軟便になるので両方の影響、特に大変な方の猫コロナウイルスの症状として取り上げた獣医さんばかりでした。
質問者: 返答済み 6 日 前.
20307;重が増えてお腹が膨れれば、腹水じゃないかと心配で・・・

今何か薬は飲まれていますか?

腹水であれば超音波検査をすればすぐにわかります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
19979;痢が重い時だけ、下痢止めと抗生剤を飲みますが、飲んだから治る、とはなりません。波があって、固めの時もあれば、一日い二回の下痢の日もあります。エコーは何度かやりましたが、腹水はありません、内臓的には異常はない様子です。
質問者: 返答済み 6 日 前.
12383;だ、いつ発症するか・・・という思いに駆られて・・・
質問者: 返答済み 6 日 前.
12391;も、クロストリジウムからの下痢かもしれないというお言葉で少し救われております・・・

抗生剤はもっと継続して飲んでください。

クロストリジウムは芽胞菌といって抗生剤が効きにくいので非常に治りづらい病気です。

もちろん最悪のケースを想定して動くことは重要で必要です。

しかし、可能性の低いFIPへの変異を心配する前に、下痢を起こす可能性が高く抗生剤で治療できるものを治さず免疫力が低下しては元も子もありません。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12463;ロストリジウムに効く抗生剤を処方してもらえばいいのですね。セカンドオピニオンも考えているので、獣医さんに頼んでみます。錠剤がうまく飲ませられないのですが、コツは何でしょう。飲ませることもストレスになりそうで怖くて・・・

たしかにFIPは怖い病気ですが、猫コロナウイルスやクロストリジウムは非常にありふれた病気です。

そしてその中でコロナは軽い下痢、クロストリジウムは難治性の下痢、FIPへの変異は稀であることを考えるとまずは、クロストリジウムの治療を優先すべきと考えます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12431;かりました、大変に気持ちが落ち着きました。今日は獣医さんに電話をしまくってどこからも取り扱ってないという会話ばかりで焦ってしまって・・・ありがとうございます。嫌がる猫に錠剤をうまく飲ませるには?

ほとんどの猫は内服薬を嫌がります。

猫用のチーズや、おいしいささみ、チュールなどに包むのが一般的に行う方法ですが、猫も賢いので、中身だけ出す場合も考えられます。

どうしても自宅で難しい場合は、例えばシロップで処方していただくか、注射になります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
23567;さい時は好きなフードにくるんでなんとか食べさせたのですが、だんだん判って来てしまい、今では薬だけ残すので、喉の奥にむりやり入れたりするしか方法がなくて・・・でもそれがストレスになるのではと思い、私も勇気を出せなくて・・・常用して飲んだ方がいいのでしょうか。

少なくとも2週間は継続して飲まないと、クロストリジウムは改善しません。

場合によってはそれ以上飲む可能性もあります。

質問者: 返答済み 6 日 前.
20998;かりました、そのようにしてみます。無理やり口をこじ開けて喉の奥に錠剤を落とす、という飲ませ方を獣医さんは言いますが、ストレスになりませんか

ストレスにはなると思います。

全くデメリットがない治療は存在しませんので、どこかで帳尻を合わせる必要があります。

口を開けてのデメリット、注射のデメリット、シロップのデメリットなどそれぞれを比較する必要はあると思います。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12381;うですよね、ストレスですよね。なので継続して飲ませるのが辛くて、私もやめてしまいます。獣医さんも1週間分しか出してくれないので、長くて1週間の服用しかしていません。

ですので、飼い主様がどう考えられるかによって変わります。絶対に無理に飲ませる必要はありません。どのストレスやデメリットに重きを置くかです。

1積極的に抗生剤を飲ませる

2抗生剤は飲ませず、下痢による免疫力低下で発症する可能性のあるFIPに対してムチアンを準備する

3治療しない

これくらいの選択肢かと思われます。

投薬のストレスを考えるのであれば治療しないのが一番です。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12512;ティアンが手に入りにくいという事を考えると、抗生剤を飲ませてクロストリジウムを落ち着かせる、という方がいいのでしょうか。下痢軟便が続くこと自体もストレスになると獣医さんに言われました。

そうです。

私もそう思います。

まずは猫ちゃんにとっても飼い主にとっても負担の少ないところから始めるのが一番だと私は信じています。

そのためには抗生剤をしっかり体に入れる(注射、飲み薬)ことが重要です。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12391;はやはり今できることは、クロストリジウムへの抗生剤を飲ませることですね。病院を変えようと思っているので新しい獣医さんと飲ませる方法など相談してみます。FIPへの不安ばかりでしたが、今まだ他にできることがあるんだと思えるようになりました。ありがとうございます。

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

お大事になさってください。

次回またご質問がございましたら、その際はぜひ私を指名していただければ幸いです。

下記より、ご質問いただきますと、私が対応させていただきます。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

この度はご質問いただきありがとうございました。

宜しければ最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
Dr Ann 承知しました。ご多忙中、長い時間にもかかわらず飼い主の気持ちに寄り添っていただきましたこと感謝しております。またの機会にもどうぞよろしくお願いいたします。ではこれで失礼します。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 2 日 前.
12371;んばんは、Ann先生。17日にFIPキャリアの猫について教えていただいた者です。ご丁寧にありがとうございました。その後の様子で気になることがありますが、再度よろしいでしょうか?

[Justanswer]

申し訳ありません。

下記より新規で質問を立ち上げて頂く様お願い致します。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

宜しくお願い致します。

猫 についての関連する質問