ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1154
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

猫の呼吸がここ4日くらい早いです……浅く早く呼吸する感じです。足がふらつきすぐに横になりほぼ一日中寝てるのもあって、心筋

ユーザー評価:

猫の呼吸がここ4日くらい早いです……浅く早く呼吸する感じです。足がふらつきすぐに横になりほぼ一日中寝てるのもあって、心筋症などを疑い緊急で最寄りの動物病院へ検査しに行きました。(レントゲンと超音波とX線と尿検査など) ですが結果は心筋症は疑わないと言われました。足がふらつくのはなんでなのか聞くと、「原因は分からないが神経の異常かなにかかもしれない」ということでした。様子を見るように言われましたが、検査後もずっとだるそうに横になっています。寝てる時の呼吸も早めです。ですが不思議なことにご飯はたくさん食べます。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 心配なのでセカンドオピニオンでかかりつけの病院へ再度相談しました。その時はかなり過呼吸で、熱39.9度くらい微熱がありました。そこでも少し検査をしたのですが、すぐに命に関わるような重篤な病気ではないと言われ、インターフェロンとコンベニアを打って帰りました。呼吸の異常が続くようであればまた連れてくるよう言われたのですが、本当に何も異常はないのか少し疑わしくなるほど元気はないです。何か他に考えられる原因はあるのでしょうか?
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 元々白血病キャリアで、肝臓の数値も高めの子で通院してます。ここ1週間はずっと横になってほぼ起き上がりません。通院のストレスも多少あると思いますが、根本的な原因がわからないのでちょっと不安です。 考えられる事と言えば、数日前の元気な時に人間用の菓子パンなどを盗み食いしていた事ですが、それが原因とは思わないと獣医に言われました。

ご連絡ありがとうございます。

年齢、性別をお知らせください

質問者: 返答済み 11 日 前.
5歳の♀です 2.5キロで小柄な方です

ありがとうございます。

可能性として、5歳雑種猫FeLVのキャリアということを考えると、検査内容にもよりますが、腫瘍性疾患が隠されている可能性、FeLVの発症に伴う免疫抑制による感染、

肝臓の問題から高アンモニア血症の可能性もあります。

確かにお話の部分で小柄なので、門脈シャントとか肝臓の形態学的な問題が生じて入れているのではないかと心配になります。

もしも可能であれば血液検査の結果やその他の検査結果などをいただけますか?

ありがとうございます。

可能性として、5歳雑種猫FeLVのキャリアということを考えると、検査内容にもよりますが、腫瘍性疾患が隠されている可能性、FeLVの発症に伴う免疫抑制による感染、

肝臓の問題から高アンモニア血症の可能性もあります。

確かにお話の部分で小柄なので、門脈シャントとか肝臓の形態学的な問題が生じて入れているのではないかと心配になります。

もしも可能であれば血液検査の結果やその他の検査結果などをいただけますか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
36820;信ありがとうございます。今自宅にいないので、また帰ったら診断結果を送らせていただきます。

かしこまりました。

ご不安かと思いますが、お力になりたいと考えていますので、よろしくお願いいたします

質問者: 返答済み 10 日 前.
36933;くなりましてすみません。今診断結果を添付します。
質問者: 返答済み 10 日 前.
28155;付ファイル (Q4T3T33)
お待ちしております
質問者: 返答済み 10 日 前.
28155;付ファイル (1P3Z6LP)
質問者: 返答済み 10 日 前.
20170;日は昨日より呼吸も落ち着いており、顔つきも割としっかりしていました。ですが千鳥足は相変わらずです。足が踏ん張れないようで……トイレも伏せながらしてました。

検査結果は確かにかかりつけの先生の言われる様に、正常範囲内ですね。

多分ALT/GPT上昇はストレス性だと思いますが。

画像検査でレントゲン、超音波といったものはされていますか?

また、呼吸状態悪化からの足のふらつきなので、神経的な話題、肝臓の血管奇形、後血液塗抹検査が必要ないので評価困難ですが、ゼンソクの問題を疑います。

可能であれば、画像検査と再度血液の確認をしてみて、評価を適切にすることをお勧めしたいと考えます

質問者: 返答済み 10 日 前.
36229;音波は最寄りの病院で一回、レントゲンは最寄りと行きつけで2回しました。重篤な感じはないけど、呼吸が早いのは微熱やストレスもあるからかもしれないから様子を見るように言われました。 内臓系なのか関節関係なのか未だに分かりませんが、この歳で関節炎などは考えられますか?

2歳超えると関節炎は出始めます。

否定はしにくいですが、触ると腫れてたり、熱感あったりしますか?

出来たら、SAAとかの炎症のマーカーチェックしてみてもいいと思います

質問者: 返答済み 10 日 前.
33509;い猫でもなる事あるんですね。腫れてる感じはありません。足の筋肉がかなりうすくて不安定な感じはあります。

薄いというのが気になります。

やはり、もしかしたらFeLVからの全身性疾患があるかも?とも考えますが、こればかりは申し訳ないですが、ネットで問診して推論していく中では難しいです。

例えば、キャットフレンドリークリニックを謳う病院で、、猫に強い病院としてありますから、そちらで一度外来されてみるのは如何でしょうか?

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
21407;因がわからないのであればネットでのやりとりはやはり限界がありますね。ありがとうございました。
質問者: 返答済み 10 日 前.
27231;会があればまたよろしくお願いします。

申し訳ありません、やはり身体検査は大事で神経を疑うときの神経学的検査は必須になります。

また、ご不明な点がありましたら、いつでもどうぞ

猫 についての関連する質問