JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
keikoに今すぐ質問する
keiko
keiko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 63
経験:  動物病院勤務
104712145
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
keikoがオンラインで質問受付中

猫の歯茎に腫瘍ができ検査の結果 悪性の腫瘍でした。手術は手遅れでどんどん大きくなり

ユーザー評価:

猫の歯茎に腫瘍ができ検査の結果 悪性の腫瘍でした。手術は手遅れでどんどん大きくなり 血が垂れ流しの状況です。体力があり元気な状況なのに どうすれば他が止まるのか どうしたら良いのかわからずにいます。抗がん剤を飲んでますが 腫瘍だけの摘出手術も行きつけの病院では引き受けてくれないです。
JA: 了解しました。質問者様の猫の年齢と性別、可能であればブリードを教えていただけますか?
Customer: ラグドール 10歳 オスです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 去勢済みです。体重は9キロでここ数週間で少し痩せました
質問者: 返答済み 13 日 前.
腫瘍の止血方法などどうしたら良いのでしょうか
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
こんにちは。
加藤と申します。
よろしくお願い致します。
またお返事が大変おそくなってしまい申し訳ございませんでした。

愛猫さんがお口に腫瘍ができてしまってとてもご心配なことと思います。
お口のどのあたりに腫瘍ができたか教えていただいてもよろしいでしょうか。
かかりつけの病院さんでは手術ができないとのことですが、何か例えば肺などに転移が見つかってなどの理由があってのことか、お話はございましたか。

腫瘍からの出血を止めるのはなかなか難しいのが正直現状です。
中には出血している部分を麻酔をかけて焼いたり、止血どめをのんだりして止めることもありますが、一時的な処置になってしまいます。

オーナー様もご存知かと思いますが手術で摘出できるのならそれにこしたことはないのかなと思います。
ご提案としては近くにホームドクターさんよりも大きな2次病院はございますか?
あるようでしたら一度セカンドオピニオンを受けてみるのも一つだと思います。
ホームドクターさんでは設備や色んな要因で難しい手術でも、二次病院さんであれば可能である場合があります。
元気もあるようですし、何か手術ができない理由が他にあれば別ですが、本人の状態が手術に耐えられそうであればそれも一つの選択肢として考えてみてもいいのかなと思います。
ホームドクターさんに相談していただければ、紹介状も書いていただけると思いますし病院さんも紹介していただけるかと思います。
質問者: 返答済み 12 日 前.
ホームドクターは手術をするなら上顎全て切除と言われましたが、体も大きく体力も有り余る状態なので腫瘍の部分だけ切除して予後を過ごした方が 寿命とのバランスと言ったら変ですが そのようにおもえるんです。
血を流しながら過ごしているので猫も暗い表情で可哀想なんです。
ご心配ななかご連絡いただきありがとうございました。
上顎にできているのですね。
上顎にできている場合は手術をするのは難しくホームドクターさんもそういったことをふまえてお話されたのだと思います。
また歯肉にできている腫瘍はベタッとしていてもしかしたらはっきりとしたマージンがわからない場合や、皮膚のように伸びる部分ではないので腫瘍だけとれたとしてもそれを縫う際に縫えないといった問題もある場合があるのでそういったことも考慮されたのかもしれませんね。
ただ、減容積といって、腫瘍全体をとるという発想ではなく腫瘍を小さくする目的で腫瘍をとることはできるかと思います。全部は取れないのでなくなるわけではないですが腫瘍を小さくすることで、本人の状態をあげる方法があります。
もしかしたらその方法がいいのかもしれません。
ただ先生によってお考えが違うので、一度ホームドクターさんで相談されてみてください。
もしそれでもできない場合はやはりセカンドオピニオンを提案されてみてもいいかもしれません。
それは悪いことではないですし、愛猫さんが心地よくそしてオーナー様が納得されることが重要ですのでお話してみるのも一つだと思います。
keiko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 63
経験: 動物病院勤務
keikoをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問