JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 780
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

20歳の老猫です。腎不全でクレアチニン5.0です。2日に1回、点滴にいってます。食事は生に近いささみしか食べません。どう

ユーザー評価:

20歳の老猫です。腎不全でクレアチニン5.0です。2日に1回、点滴にいってます。食事は生に近いささみしか食べません。どうにかして、数値を下げられないでしょうか。
JA: 了解しました。質問者様の猫の年齢と性別、可能であればブリードを教えていただけますか?
Customer: 20歳 メス。ブリードとはなんでしょうか?
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 毎日点滴をしたり、24時間の点滴の為、入院させた方が良いでしょうか。

おはようございます、質問ありがとうございます。

腎不全でクレアチニンが5は、やや進んでいる状態だと思います。

悪化させないためには、試みることはいろいろあると思います。

皮下補液は毎日の方が良いかと思いますが、輸液過剰になることがありますので、注意が必要です。

投薬は何か行なっていますか?

老廃物を吸着るためや、リンの吸着のためのお薬があります。

血圧を下げ、腎臓の血液を流れやすくするためのお薬もまあります。

どれくらい効果が出るかはなんとも言えませんが、

使えそうなら使ってみると良いかもしれません。

入院点滴は効果的とは思いますが、退院するとまた元に戻ってしまうことも多いです。入院ストレスもあると思います。

かかりつけの先生とよくお話しして、

現状ベストな方法を考えてあげてください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;返信ありがとうございます。
現在投薬とかはしていないので、こちらから かかりつけの先生に言ってみようと思います。
ありがとうございございました。

検便は子猫のためでもありますので、是非に行ってくださいね。

ketama0616をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

すみません、別のの回答をこちらにしてしまいました。

お詫びいたします。

お大事になさってください。

猫 についての関連する質問