JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6471
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

5月頃から1日3〜4回吐いており、6月に受診するも血液検査、レントゲンとも異常なし、で吐き気どめの投薬だけでした。

ユーザー評価:

5月頃から1日3〜4回吐いており、6月に受診するも血液検査、レントゲンとも異常なし、で吐き気どめの投薬だけでした。
JA: 了解しました。質問者様の猫の年齢と性別、可能であればブリードを教えていただけますか?
Customer: 不安だったので病院を変え
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ロシアンブルー メス 9歳5ヶ月です

初めまして、質問ありがとうございます

超音波検査や膵炎の検査はしましたか?

吐くようになる頃から食餌やおやつに変更はありませんでしたか?

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。病院を変えて、膵炎の検査や甲状腺機能の検査もしましたが、異常ありませんでした。お盆明けからほぼ食べなくなり、急に痩せてきたのですが、涼しい日には食欲があったので秋には元気になるかと思っていたところ、階段も登れなくなってきたので受診しましたら、脾臓から心臓にかけて、血管肉腫の疑いで、衰弱具合や進行速度・大きさから手術は不可と言われました。見送る以外方法はないのでしょうか。治療は苦しむのでしょうか。

初めまして、質問ありがとうございます

血管肉腫の疑いとのことで、心痛お察しします。

免疫療法という方法がありますが、これは猫ちゃんの体内から免疫系の細胞を採取

実験室で培養して増やして戻す方法です。これは副作用はないですが

効果は出ると進行が抑えられる場合がありますが、どの腫瘍に効果があるかは不明です

かなり厳しい状況であることは間違いないですし、転移していると手をつけない方が良いことが

多いのも事実です。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。
そうですか。やはり厳しそうですね…
そんな短期間で手術できないほどになるんですね。
緩和ケアにはどういった方法がありますか?

ステロイドや鎮痛剤になります

プレドニゾロンというステロイドやフェンタニルのパッチ、レペタン座薬などが

個人的にはお勧めです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございます。
画像と血液検査で診断にはほぼ間違いないものですか?
何か別の似た症状、とかはあり得ませんか?

リンパ腫や肥満細胞腫、肉腫系の悪性腫瘍なんでも考えられます

細胞診断などを行わないと、画像診断だけでは腫瘍だろうねくらいしか普通はわかりませんが

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問