JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Anに今すぐ質問する
Dr.An
Dr.An, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 42
経験:  都内及び関東県内の病院に勤務し、一次診療から二次診療まで幅広い臨床経験があります。
106714815
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
Dr.Anがオンラインで質問受付中

夜2単位となっています。 アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?

質問者の質問

夜2単位となっています。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 前回の検査では、6時間後の血糖が700でした。多飲多尿の症状はおさまらず、1時間半~2時間おきにトイレに行きます 。体重も6月末には5キロありましたが、現在3.5キロです。今年の2月には5.8きろありました。
投稿: 21 日 前.
カテゴリ: 
質問者: 返答済み 21 日 前.
20803;々6前より腎機能が低下し、腎疾患用のフードを与えています。食事は少しずつ何回も食べいます。ご相談したいのは、このように血糖が下がらない理由として考えられること、食事はどうするべきかと言うことです。カロリー制限をするべきなのかとも思いましたが、痩せが進んでいる場合は制限な必要はないとも言われました。ですが、これではいつまでも血糖が下がらず悪循環ではないでしょうか。
質問者: 返答済み 21 日 前.
29694;在歩行も後ろ足のふらつきが出てきており、このまま痩せが進むのを見ているしかないのでしょうか。担当医の治療の進め方もゆっくり過ぎる気がしてなりません。
質問者: 返答済み 21 日 前.
12394;にか出きることがあればご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。
専門家:  Dr.An 返答済み 21 日 前.
インスリンには様々種類があり、強さと持続時間、ピーク時間が異なります。現在の投与法では、例えば2時間後は200くらいまで落ちているが持続時間が足らないために、6時間後には700に戻っている、などが考えられます。
腎臓の悪化も、糖尿病によるものかもしれませんね。
おっしゃる通り、糖尿は飢餓になる病気ですので、カロリー不足になります。しっかり血糖値を下げつつ、栄養は摂取させましょう。
ただし、インスリンとの兼ね合いで、決まった時間に決まった量を食べる事が重要です。
ロイヤルカナンの糖コントロール、ヒルズのW/dなど、糖尿病用のフードもありますよ。
専門家:  Dr.An 返答済み 21 日 前.
インスリン量の決定には、入院で1時間おきの採血を行うなど、厳重な管理が必要です。
また、嘔吐や呼吸の異常はありませんか?ケトアシドーシスという命に関わる病態に進行する可能性もあるので、注意深い検査と適切な検査が必要です。
質問者: 返答済み 21 日 前.
12411;ぼ一週間おきに受診していますが、血糖は3時間後は常にスケールオーバーで、6時間後にも、ほとんどの場合スケールオーバーです。これまでケトーシスの症状はありません。腎機能に関してはクレアチニンが3.0、BUNは40前後でここ数年推移していましたが、ここにきて、BUNだけ70台まで上がっています。
質問者: 返答済み 21 日 前.
31958;尿病食はタンパク質が多くなるため、腎臓病食の継続を進められています。
専門家:  Dr.An 返答済み 21 日 前.
明らかにインスリン量が不足しているように思えます。。
フードに関しては、一長一短ですが、腎数値もなかなか良くないですね。
腎臓のためにも、早めに高血糖を離脱する必要があると思いますよ。
質問者: 返答済み 21 日 前.
12414;た、インスリンはそのときどきによって効果にむらがあるものなのでしょうか。私は看護師で、注射に失敗していると言う感覚はないのですが…
現在のインスリンはまだまだ増やせるものでしょうか?また、速効性のインスリンなどを試すよう、医師に依頼すべきでしょうか?
質問者: 返答済み 21 日 前.
20840;くつかないという事例もあるのでしょうか。またその場合、考えられる原因はどんなものがあるのでしょうか。
専門家:  Dr.An 返答済み 21 日 前.
食べているものが同じで、同じ時間に打っても、実際にはブレることは多々あります。
しかし、大半がスケールオーバーというのは明らかに用量不足です。
状態にもよりますが、状態が悪い場合は速効性のレギュラーインスリンを持続静脈内投与することもあります。
トラフレベルが怖い場合は、レギュラーと遅延型を組み合わせたりもします。
質問者: 返答済み 21 日 前.
12354;りがとうございました。インスリンの投与方法をもう一担当の度先生とお話ししてみます。
やはり、この状況を早く解決した方がよいということは理解できました。
ありがとうございました。
専門家:  Dr.An 返答済み 21 日 前.
お大事にしてください

猫 についての関連する質問