JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 161
経験:  獣医師 at 動物病院
101937054
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

3月に家に出入りする人慣れした野良猫がいて、室内飼いにしようと病院で検査しました。その時猫エイズ等陰性でしたが、連れ帰っ

質問者の質問

3月に家に出入りする人慣れした野良猫がいて、室内飼いにしようと病院で検査しました。その時猫エイズ等陰性でしたが、連れ帰ったらすごく大泣きされて我慢出来ず外に。その後も出入りしておりましたが4月に噛みつかれ大怪我して現れそこから手術したこともあり、室内で飼っておりましたが、仕事で不在になることが多いので友達を作ってあげようと思いその前に検査したところ、今度は猫エイズ陽性が出たので、おそらく4月に感染では?とのことですが、もうこの子には同居猫は諦めないといけないのでしょうか?推定3才~4才オスです。1ヶ月後に総蛋白が8.4と少し高いので再度採血ですが、陰転はあり得ないでしょうか?猫一匹なのが可哀想に思え、私の方の体調がおかしくなりつつあり、悩んでおります。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 
専門家:  ketama0616 返答済み 2 ヶ月 前.

こんばんは。質問ありがとうございます。

猫エイズウイルスですが、一番移りやすいのは、キャリア猫に咬み傷などを負わされての感染と言われています。

陰転についてですが、ある程度感染したと思われる時期から時間立っての感染が陽性である場合は、陰転は難しいとは思います。

ただ、猫エイズウイルスについては、同居猫への感染については、

グルーミングや食器、トイレが一緒でも感染力はかなり弱いと言われていますので、

同居猫をおく事はいまでは可能と言われています。

ただ、絶対感染しない、ではないので、

そこのところは自己責任で、ということになります。

猫エイズウイルスの発症については、現在ではストレスない生活を送る事で、

天寿を全うさせることも十分可能と言われています。

ですので、猫エイズのマイナス面を神経質に捉えるより、

ストレスなく猫を飼うことを念頭におけば良いかと思います。

話を同居猫のことに戻しますが、

先に書いたように、ウイルスはかなり弱く、喧嘩などしなければ感染力はかなり低いと言われていますが、

どうしても心配な場合、猫エイズウイルスの予防ワクチンがあります。

これを同居猫に打たれると良いかと思います。

いまでは猫エイズ感染猫と普通猫を同居させて飼っている方も割とたくさんおります。

発症さえしなければ、普通の猫生活ができますので、

マイナス面だけを捉えずに、猫が複数で暮らすプラス面を考えられても良いと思います。

質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。��
同居させる場合、子猫を引き取るつもりなのですが、その場合、しばらくはゲージに入れて2週間の相性を見る時間がいただけるのですが、その間にワクチンを打てばよろしいのでしょうか?い、エイズの発症の割合は今はどれくらいなのでしょうか?
我が家は全員仕事しておりまして、時にはに2日間位留守番をさせないといけないときがあるのですが、それはかなりストレスになるのでしょうか?
専門家:  ketama0616 返答済み 2 ヶ月 前.

それも予定に組み込んでいただければ良いと思います。

子猫を引き取られる予定なのですね。

そうしましたら、完全同居させる前の慣らしの時間の間にワクチン接種で良いと思います。

ワクチンを打った後も、効果が出るまでには1、2週間かかりますので、

それも予定に組み込んでいてください。

エイズに発祥の確率的なものは、実際の統計がないのでわかりません。

ただ、発症前の潜伏期間は数年から十数年なので、

運が良ければ発症を免れていく事はできると思います。

ストレスの問題については、猫は犬と違って1人時間をあまり苦にしないので、

留守番ストレスはかなり軽度と思います。

猫 についての関連する質問