JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 909
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

2017年9月23日に高速道路入り口付近で黒色のメスの子猫を保護し、我が家に迎え入れております。歯の様子から7月頃生まれ

ユーザー評価:

2017年9月23日に高速道路入り口付近で黒色のメスの子猫を保護し、我が家に迎え入れております。歯の様子から7月頃生まれとのことです。保護当日より、呼吸がゼイゼイ、鼻がヒューヒューと音がして息を大きく吸い込み、肺?ですかね大きく呼吸する状態が続いています。鼻の気管支炎ではないか、大人になれば治る場合もある。様子見ていきましょう。
で、現在特に静まることも無く、鼻詰まり症状が良くなりもせず、治療も特にありません。鼻水等ありません。寝ているときは音がせず静かなようです。起き上がるとゼイゼイが始まります。何の病気でしようか。今の病院では様子見なので特に治療は勧められません。

ご連絡ありがとうございます。

吸気時の問題で、鼻からヒューヒューするとのことで、多分息を吐き出すのが苦しい問題と、吸う時と吐く時と両方の問題があるのかもしれませんが、検査は何もしていないとのことだと、判断に苦慮しますが、可能性としてエイズ白血病の検査をきちんとして、免疫抑制からの感染がないことの確認、またその他の感染の除外(麻酔をかけることが多いですが肺胞洗浄液検査)、そして一般的な単純レントゲンと血液検査を行なって病態を把握するべきです。

経験的な話をすると、喘息や肺の感染巣からの肺膿瘍、後は全身性の感染症の可能性が疑われます。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。エイズ猫白血病ウイルス抗原、猫免疫不全ウイルス抗体、ジアルジア抗原の検査を受けておりましては陰性です。その陰性であることが免疫抑制からの感染がないことであるかどうかは判断できません。陰性なら免疫抑制からの感染なしでよろしいでしょうか。
現在かかりつけの病院は様子見の為、呼吸器に関する検査は受けておりません。
症状は鼻か喉がブーブーと音がして胸あたりで大きく呼吸する感じですので、呼吸器、循環器の専門病院を探しセカンドオピニオンとして診察、検査を受けることにします。喘息や肺の感染巣からの肺膿瘍、後は全身性の感染症の可能性も含めて聞いてみます。我が家にはまだ他に2匹の保護猫がおりまして、感染もありうるなら一緒に検査したほうがよろしいのでしょうか。

ご連絡ありがとうございます。

エイズ、白血病が陰性ならば、その問題からの免疫抑制での感染性疾患の可能性は低いでしょう。

努力性の呼吸を繰り返しているので、もしかしたらないと思いますが、昔拾われたことから、すごく軽度の気胸とか、肺の軽度な裂傷(本当に軽度なもの)とか、そこから感染が波及した膿胸や肺膿瘍はまずレントゲンから行くしかないですね。

若いのでフィラリアから来てることはないでしょうし…口を開けて呼吸するようならば肺の問題の可能性は高いと考えますけども。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
26089;々にご連絡いただきましてありがとうございました。実際の姿をお見せしておりませんのに色々の可能性指摘して頂きましてありがとうございました。拾った時の状況申し上げたように発見場所がとても交通量の多い高速道路の入り口だった上、保護した時も小さくて車のエンジンルームに入り込み取り出すにも解体するほど時間を要したようです。ですので肺になにか影響するものがあったのかもしれません。大人になれば治るかも…が不安になるほどひどいので心配になりネットでたどり着いた次第です。レントゲン等検査が必要なようですので、早速参考にさせて頂き病院に行きます。ありがとうございました。

また、疑問がありましたら、ご相談ください。

猫 についての関連する質問