JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1465
経験:  臨床家
84238367
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

初めて質問させて頂きます、よろしくお願いいたします。

ユーザー評価:

初めて質問させて頂きます、よろしくお願いいたします。私が飼っている猫ではないのですが、推定年齢21才のメス猫についてとなります。
この猫は家ではなく、とある町の施設の外で暮らしています。10月の台風が直撃した日に、何らかの原因で右前足付け根付近をケガしていました。
発見した翌日には動物病院に連れて行って診てもらったところ
「キズは塞がっているし年も年なので、このまま肉が盛り上がって来るのを待ちましょう」
と言われました。
足を引きずっている様子もなかったので一安心といった感じでした。ところが翌日になって、町の施設を運営する責任者が別の病院に連れて行ったところ
縫合手術のために入院させられたとの事。
麻酔をさせられて縫合手術を受けたようです。
何とか無事に退院出来て、外ではなく町の施設の事務所内で療養し始めました。超高齢猫に麻酔という危険性があるにしても、ここまでであれば何とか納得できなくもないですが・・・。
一週間前になって、縫合した箇所が開いてしまったようで、再入院となりました。元々8月にもケガをしてゲッソリ痩せてしまい、何とか体重が戻りつつあったのに
先月のケガによる入院でそれ以上に痩せて体力もなくなってしまいました。
これでは人間のせいで命を削られている、と言われても仕方ありません。ここで質問ですが、①21才(今年で22才かも)という超高齢猫に対して、麻酔を使う縫合が必要だったのか。②そんなに簡単に縫合がした箇所が開いてしまうものなのか。最近は室内にいるたで、派手な動きはしていないと思われます。③リスクを負ってまで再度の縫合が必要なのか。別な方法をとれなかったのか。という事です。もちろん個体差があるので一概に言えないとは思いますが、どうしても釈然としません。私が飼っている訳ではなく入院する時も、施設の責任者が連れて行っています。
ですので、医師に話をしようにも聞いてもらえない可能性が高いと思われます。
そして、施設の責任者は忙しい事もあり、医師に任せっぱなしです。お忙しい中で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。

①21才(今年で22才かも)という超高齢猫に対して、麻酔を使う縫合が必要だったのか。

>傷の程度にもよりますが、極力麻酔は避けたいところです。

どうしても内科療法で困難な場合には、術前の血液検査などを入念に行って、問題がなければ麻酔下での処置を行う可能性もあります。

②そんなに簡単に縫合がした箇所が開いてしまうものなのか。最近は室内にいるたで、派手な動きはしていないと思われます。

>単純に縫合を行っただけでは、噛傷などの場合は傷はひっつきません。

問題のある皮膚を切除して、きれいな断面を出して縫合することで、裂開のリスクはかなり低くなるため、正しく処置ができていない可能性も考えられます。

③リスクを負ってまで再度の縫合が必要なのか。別な方法をとれなかったのか。

①、②の回答とも重なりますが、少し軽率な処置に感じられますし、超高齢猫に対する麻酔としてはもっと慎重に行うべきです。

例えば、腎臓や肝臓が悪い場合などは、麻酔をかけることで一気に悪化してしまう場合もあります。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36820;信ありがとうございました。
やはり高齢猫には麻酔のリスクは高いという事ですね。どのような治療したかは、カルテ等を見ないとわかりませんよね。
そもそも動物にカルテが存在しているかわかりませんが、
カルテの開示を求める事は可能でしょうか。

>返信ありがとうございました。
やはり高齢猫には麻酔のリスクは高いという事ですね。

私であれば、正直な所提案すらしないかもしれません。

>どのような治療したかは、カルテ等を見ないとわかりませんよね。
そもそも動物にカルテが存在しているかわかりませんが、
カルテの開示を求める事は可能でしょうか。

獣医師法で3年間のカルテの保管が義務付けられているため、当然存在しますし、カルテ開示は飼い主(飼育の代表者)であれば問題なく可能ですよ。

atlus302をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。>獣医師法で3年間のカルテの保管が義務付けられているため、当然存在しますし、カルテ開示は飼い主(飼育の代表者)であれば問題なく可能ですよ。
地域猫の場合、明確な飼い主は存在しないと思いますが、病院側としては猫を連れて行った方を飼い主とみなすのでしょうか。
他の人間は、どのような扱いになりますか?最初に質問させて頂いた時から事態が大きく変わり、病院の院長が猫を引き取ると言い始めました。
実は猫の治療費として数万円支出していますが、再入院のために施設の責任者に渡した分を
私に返すと言っているそうです。
実際に治療をしている事や一連の流れから、縫合がうまくいかなかった事を隠すためかなと疑ってしまいます。こんな質問は担当外なのかもしれませんが、しっかりと原因を追求してからでないと
医師に猫を任せるわけにはいかないと考えてしまいます。
何とかいい方法はありませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

「個人の連絡先情報を入力する」という欄に、ご連絡可能な電話番号を入力してください。
こちらから非通知にてお電話させていただきます。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
36074;問したいことを相談したい方がいるので、もう少しお待ち下さい。

わかりました、また準備ができましたら、連絡先とともにご連絡ください。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
20309;時頃に電話可能でしょうか。

今お電話しても大丈夫でしょうか?

ご都合のよい時間帯があれば、極力そちらに合わせます。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
11時20分でいかがでしょうか。

承知いたしました。

メモの準備等よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
20102;解しました。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12461;ズの写真です

また経過についてや新たなご質問等ありましたら、いつでもご相談ください。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
20808;ほどはありがとうございました。
調べましたら、該当の病院は獣医師会に加入していない事が判明しました。
加入していないと、相談しても無意味ですよね。

獣医師会への加入病院へは指導という形で、対応を改めるようにすることもできるのですが、未加入だと獣医師会では対応できないかと思われます。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12431;かりました、ありがとうございました。

また病院との相談で進展等ありましたら、ご報告ください。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12362;世話になっております。今日ですが、この猫の事で一緒に行動している方に、施設の責任者から連絡があり
『最初の入院で寄付して頂いたお金も返したい』
との事です。これはいよいよ怪しくなってきました。
猫の安否が本当に心配です。とりあえず明日、施設に行って責任者と話をしたいと思います。
そして、展開によっては病院にも行こうかと考えています。

確認遅くなり申し訳ございません。

その様な流れだと、恐らくですが、病院側が施設の方にに働きかけて条件を出している可能性が高いですね。

できれば穏便に済ませたいところですが、まずは病院側の対応を確認されて、現在の状況がどうなっているのかを聞いてみた方が良さそうです。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
26152;日、施設の責任者にかけあって、飼育権をこちらに変えて欲しい事を了承してもらいました。
その旨を病院に電話してもらったところ、28日に猫が亡くなっていたという事を告げられました。
既に火葬も終わったとの事だったので、骨だけでも引き取りたいと言いましたが
昨日は受け入れてもらえませんでした。
ご報告でした。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
20170;回は親身に相談に乗って頂き、ありがとうございました。
どこかでまたお話する機会があるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

お辛い中、わざわざご報告ありがとうございます。

また私でお力になれるような事がありましたら、いつでもご相談ください。

猫 についての関連する質問