JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

13歳の愛猫が腸管リンパ節肉芽腫瘍で、ステロイドを服用していますが、嘔吐や軟便、食欲低下で、点滴をしてもらっていますが、

ユーザー評価:

13歳の愛猫が腸管リンパ節肉芽腫瘍で、ステロイドを服用していますが、嘔吐や軟便、食欲低下で、点滴をしてもらっていますが、昨日からセルシンを微量飲ませるようになりました。食欲は出ましたが、1日寝ている感じです。手術には今のところ痩せて、体力低下のこの子を見ていて、踏み切れません。でも、これで良いのか、毎日葛藤しています。他に方法はあるのかご教授くださればと思います。現在体重が3,8㎏あったのが、3㎏程になっています。7月から闘病しております。宜しくお願い致します。

めいちゃんのご家族の方

ご連絡ありがとうございます、初めまして。

病名がかなり混じりあっているので、もしも間違いがあればご指摘ください。

腸管型のリンパ腫の場合、基本は化学療法、抗がん剤を用いた治療になります。

ただ、閉塞が起きているならば、外科的な介入が必要です。

嘔吐、軟便、体重減少があるならば、麻酔をかけるリスクはありますが、閉塞ありならば、外科的介入、なしならば適切な抗がん剤療法でしょう。

次に、リンパ節の肉芽腫、肉芽腫は腫瘍ではなく免疫複合体の形成なので、基本的に抗がん剤または免疫抑制薬を用いた免疫抑制療法が主体、必要に応じて閉塞ありならば、外科的介入です。

他の対策として、明らかにこれが良いよは状態により異なります。

例えば、閉塞しているか、していないか?のレベルで構いませんので、教えてもらえますか?

仮に閉塞しておらず、うんこがきちんとした太さで出るならば、細胞治療なども相談できるかもしれません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。悪性リンパ腫を疑って、細胞診を行いましたが、(血液検査はTP10、貧血あり、白血球は正常範囲)細胞診断の結果、肉芽腫瘍とリンパ節炎と言われました。確定診断には試験開腹をと言われ、その時はめいも食欲低下していて、断りました。医療センターにてそこまでを診ていただき、掛かり付け病院に帰って来ました。そこからはステロイド服用を開始し1ヶ月半は何とか通常量の半分は食べて、排便もほぼ毎日普通便がありましたが、先週末くらいから、嘔吐と軟便があり、点滴治療とセルシン追加しました。この3日排便ありません。

めいちゃんのご家族の方

連絡ありがとうございます。

肉芽腫瘍という病気はないです。

肉芽腫か、腫瘍か、いずれかです。

この定義が曖昧ではご説明が難しいです。

ただ、1つ言えるのは、開腹は70%不要です。

30%は頭の片隅に置いておくでいいです。エコーでの検査をされているので、エコーガイド下で針生検が最前手ですね。ステロイドに反応したということは、免疫関係かリンパ腫かどちらかでしょう。

ただ、治療開始して1ヶ月で消化器疾患は少し痛いですね。

どうしても、ステロイドは治療の根幹なので、探査開腹で開けて確認しないと決めた段階で、本来なら免疫抑制薬の開始は正しい判断だったと考えます。

従って、私がお勧めしたいこととして、1つ目に軽く鎮静をかけるか、かけずに取れるなら針生検、2つめ鎮静をかけられるならば食道チューブまたは鼻からのチューブ設置。

これは、体重減少に対して、必要なカロリーを取らせるのが目的です。猫ちゃんは比較的耐えてくれるので、そこから栄養を入れるのは悪いチョイスではないかな?と考えます。

そして、3つ目ですが、服薬が難しい、免疫抑制薬というのが嫌だという時は細胞治療をやってみる価値はあるかな?と考えます。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございます。肉芽腫でした。すみません。生検とは、細胞診ではないのですか?直接腹部に針を刺して細胞を採っていました。細胞治療とは何ですか?服薬嫌がります。毎日嫌がることをしていて、私も辛いです。今日までは点滴でしていただきましたが、明日からはまた投薬しなくてはなりません。痩せて、体力もないのに、抵抗する力を使わせることが辛いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
65297;ヶ月後の検査では、TP8,8まで下がりました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
21021;め、7月9日に1ヶ月で、体重が減って、嘔吐や下痢があったので、病院に連れていきました。そこで医療センターを紹介すると言われ、前述した経過を辿っています。6月3日の採血でもTPは10と高かったのですが、7月も高いままだったので、リンパ腫を疑っての紹介でした。治療を始めてから、嘔吐下痢は8月19日からです。この嘔吐下痢は肉芽腫の影響ではなく、ステロイドの副作用と言うことなのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
20309;度もすみません。予後について教えていただけますか?開腹してないので、悪性リンパ腫の可能性は低いとしか言われてないのです。ならば、治療を続けながらではありますが、普通に猫生を全う出来るのか?それにしては痩せすぎてしまったのがどう捉えれば良いのか?元々食には興味が薄い子でしたが、こんなに痩せたことはないのです。大事な可愛い愛しい我が子です。これからどうしてあげるのがこの子にとって最善なのか考えていきたいです。宜しくお願い致します。

細胞診の結果、肉芽腫ですね、好酸球か、形質細胞かそういったところでしょうか?

これで敵の正体が予測できてると、それでしたら、先ほどからの繰り返しですが、ステロイド、メトロニダゾール、抗生物質が最初に来てもおかしくないですね。

あとは、低アレルギー食での維持が難しければ、次の手としてシクロスポリンとか、その辺の使用の検討でしょう。

細胞治療はお金がかかりますが、めいちゃんが薬を飲まないなら1日点滴でめいちゃんの細胞を増やして入れる治療になります。

効果については諸説あり、効かないという人と、効くという人がいます。自分は立場的に真ん中で様子見をしているのが本音ですけども。

従って、多分医療センターとかだとそういうことをやられている方もいらっしゃるし、後は今月の獣医雑誌にありましたが、肉芽腫ならば、胃の細菌を調べて、ピロリ菌が居たら、除菌も良いかもしれません。

リンパ腫と診断した患者さんでシコリが消えたというのがありましたね、そういえば。

嘔吐、下痢については、ステロイドが効かなくなって、起こしているのではないかな?が自分の見解です。それでしつこく何回も病名の確認をして居ました。

効かないから強いのにしようは少し厳しいので、別の薬とか治療法を考えるというのも1つです。

予後についてですが、検査所見がないので回答しにくいですが、一般論で言えば寿命が20年ならば、20年とは答えられず、今のままならば1年持てば御の字です。

やはり、食べないは一番可哀想な死に方です。餓死ですからね。

そうすると、食べさせる、ダメならチューブ入れて食べられる状態まで持ち上げてやるというのも家族なのかな?と個人的にはいつも考えてます。

逆に家族だから、チューブ入れられないというのもあるかもしれないけど、逆ですね、家族が餓死する方が自分は嫌です。極めて個人的な見解で申し訳ないですが。

後、チューブ入れるとお薬を飲ましたりの格闘も無くなります。

そういう見解から担当の先生やセンターの先生と相談されてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。今は食べるものなら何でもいいからと、色々なフードを食べさせています。ウェットは元から好きではないみたいで、食べません。アレルギーから来ているのですか?そういえば、1度お腹に赤く、ちょっとハゲみたいなのが、一年前出来て、治療しました。最近首輪回りの毛も禿げて、首輪をやめた経緯もあります。それは今年の4月頃のことです。

多分、いろんな先生、自分含めて話ししてて、解りにくくしてますね。

肉芽腫っていう病気は簡単にいうと、アレルギーです。

3型といって、あまり聞かれないと思いますが、そういうなんだろ、異物を追い出すために体がバリアを張った状態、かごめかごめて囲ってるのが肉芽腫の細胞で中の人が異物ですけども。

そういうわけで、体がアレルギーが出やすい状態に傾いてるので、食べたことのない種類のご飯とか、そういうのにしてあげた方が、体が受け付けてくれるという話なのです。

多分、自分が担当医だったら、z/dとかロイヤルカナンの低分子プロテインとかをお勧めします。これは極めてアレルギーが出にくいので。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。アレルギーを治療すれば、治るのですか?低分子のフードをあげてみます。昨日から、セルシンを投薬して、食欲は凄く出てきました。ただ、一回の量は数粒ですが、何度も食べに行きます。これで体重が増えないのなら、チューブを入れるということも考えます。最初に痩せたことは、肉芽腫が原因で、腸を圧迫して嘔吐下痢になり食欲低下を招いた。との認識でよいのですか?それとも痩せたのは他に原因があるのですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
21307;療センターでは、ステロイドと抗生剤の粉を混ぜたものと、プリンペランとガスターの粉を混ぜたものとを処方され、水で溶いてシリンジで与えるように言われましたが、激しく抵抗され、錠剤のプレドニン2,5㎎半錠にしたものだけをこれだけは飲ませてください。と言われて飲ませていました。金曜日からの点滴にはプレドニンと吐き気止めと抗生剤が入りました。3日間今日までやりました。セルシンは4分の1錠です。家にはステロイドとセルシンしかありません。医療センターで頂いた粉の複合剤はまだありますが。

めいちゃんのご家族の方

いつでもまたご連絡下さい

猫 についての関連する質問