JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5680
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

推定12歳のメス猫について。 野良猫で保護した時に慢性的な猫風邪だと診断されています。

ユーザー評価:

推定12歳のメス猫について。
野良猫で保護した時に慢性的な猫風邪だと診断されています。
9日までは何の問題もなく元気だったのですが
10日夕方から突然、嘔吐の繰り返しで食べた物を全部吐く状態が続きました。
その時、私は留守で家族から話を聞いたので様子を見てたのですが
いつもドライフードをガツガツ食べて数回吐く事がある猫なのでいつもの感じだと思っていたら
胃の中が空っぽの状態でも口をクチャクチャさせて胃液を吐く状態が今朝まで続き
少し寝ては吐き気で起きて胃液を吐く感じで10数回嘔吐を繰り返してました。
水分もダメで吐く前は口の中が泡だらけで溢れてくる感じです。
朝イチでいつもお世話になっている動物病院で診てもらい血液検査をして
吐き気止めの注射、水分補給の点滴をしてもらい今日1日は絶食です。
血液検査の結果は問題になるような数値ではないと言われました。
(GLU:154 / BUN:30 / TP:7.0 / GPT/ALT:48 / Ht:47% / 白血球15000)
体重は先月4.5kgで今回の診察時に4.3kgでした。
食べ物を受け付けない為、トイレの回数は昨日から激減しています。
可能性として膵炎か幽門狭窄かも…と言われましたが
膵炎の診断は難しいらしく幽門狭窄のバリウム検査は吐き気が落ち着かないと出来ず
ハッキリした診断名が出ていないので不安です。
腸捻転、腸閉塞、腎臓の病気の可能性を獣医師に聞くとそれは心配ないようで。
病院から帰宅して吐き気止めが効いたと安心していたら夕方から3回ほど嘔吐してます。
猫も落ち着かないようであまり寝れないようで…
昨日から嘔吐の繰り返しですが血が混じっている事はないです。
透明の泡だらけの液体で、1回だけ黄色い液体を吐きました。
田舎なので動物病院も多くないのですが命に関わる病気なのかも分からずで焦っています。
猫は吐き疲れて歩くのもかなりゆっくりになってしまって…
膵炎、幽門狭窄の他に候補に上がる病気はあるのでしょうか?
食事も明日はドライフードをふやかすか、ペースト状のおやつを与えようかと思っていますが
また嘔吐が続くかも…と思うと正直怖いです。
まとまりのない文章で申し訳ありません。
今後、気をつける点などもありましたら教えていただきたいです。

初めまして、質問ありがとうございます。

原因としては

①食餌のアレルギー 食べている餌やおやつが合わないので嘔吐している

②胃腸の腫瘍 ある程度は超音波検査であやしいものが確認できます。コレで幽門狭窄などもあるいていどは判明します。今はあまり

バリウムでしらべることはありません。

③甲状腺機能亢進症の悪化 ホルモン過剰による嘔吐

④気管支炎による嘔吐

⑤膵炎 血液検査や腹部超音波である程度はわかります

また吐き気止めのよい薬 セレニアというのがあるのでこれを使ってもらいましょう

要するに診断が出来ていないので、セカンドオピニオンを早めに受けることをお勧めします

甲状腺ホルモンは外注検査で検査できます

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々のご回答ありがとうございます。いつも同じドライフード(ロイヤルカナン)で
おやつは毎日ではなく時々でペット用の鰹節かペースト状のスティックで
今まで何ともなかったのでアレルギーの可能性は考えていませんでした。気管支炎による嘔吐についても
猫風邪は定期的に病院で診てもらい症状も落ち着いていて
今まで気管支炎になった事もなかったので。
猫の咳は嘔吐の時と似ているとあり盲点でした。幽門狭窄の検査についてもバリウム検査ではなく
超音波検査が可能だと分かり良かったです。吐き気止めのセレニアを教えていただきありがとうございました。
明日にでもセカンドオピニオンを受けに行こうと思います。複数の原因の上げていただき感謝しています。

あくまで可能性の話ですが、検査が足りないのは技術的なものが

大きいでしょう。

仮説の話なので、慎重に話を勧めましょう。

wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問