JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

正直猫は今月15日に亡くなっておりますので、こちらにご連絡して良いのか悩みましたが教えてください。

ユーザー評価:

正直猫は今月15日に亡くなっておりますので、こちらにご連絡して良いのか悩みましたが教えてください。 医師の治療に納得行かず、カルテとCDを送っていただきました。 このカルテとCDを見てご意見を頂ける先生を探しております。 猫は亡くなっておりますので今更難しい事は承知しておりますが、もし見て頂ける先生がいらっしゃったらお願い致します。こちらは世田谷区在住で、猫の死因は膵炎です。 ご迷惑でなければ伺います。どうぞよろしくお願い致します。

この度は心苦しい中ご相談いただきまして、ありがとうございます。

微力ながらお手伝い出来るものであればお手伝いさせて頂けますと、さいわいでございます。

資料をご拝見して、ご家族の方のお悩みをお知らせ下さい

質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;世話になります。
血液検査で全ての結果は出てなかったのですが、エコーにより肥大型心筋症と診断されました。
胸水があっても抜くような処置はせず、土曜日は体温が36度でした。胸水を抜く手段として、エースワーカーとピモベハートを飲まされました。
1時間後に苦しみだし死亡しました。死亡したのが土曜日で、膵炎だったと分かったのは月曜日です。
病院を選んだのは私の責任です。悪いのは私です。ただ、膵炎の治療をして亡くなったのであれば納得できたんです。カルテを見ていただき、本当にどうしようもなかったのか、他に方法がなかったのかご意見を聞きたく、どうぞよろしくお願い致します。

ご連絡ありがとうございます

カルテを見させてもらって、検査結果からも評価をせてもらいました。

かなり回答に苦しむところもありましたが、公正かつ中庸な見解となりますがお許し下さい。

3/5の段階で前肢跛行があったということで来院されていますが、

左右の手が不明だが引き摺っていたということですが、この時点で

鑑別診断リストが若干甘いように感じます。

12才、ネコということも踏まえて考えたときに

  1. 骨関節
  2. 神経
  3. 糖尿病
  4. 腫瘍
  5. 循環器

は少なくとも評価をされて、どの系統から診断を進めていくのか?の検討が必要でした。

症状が外来時に消えていて痛みがなく、負重出来ているということから、2,3の可能性は低そう、1も50%50%と考えます。

しかし、かかられた先生はカルテを読む限り、1のみの評価しかされていません。

後ろから話をするのはよくありませんが、多分この時点で血栓症の症状が出ていたのではないかとも考えます。

また、爪切りの時点で左右の手の熱感の違いが多分出ていたか、パットの色の差異が出ていたのであれば、早くに診断できたかと考えます。

この時点で心エコー、胸部レントゲン、必要に応じて前肢のレントゲンおよび、最低限の血液検査(4/13の外来時のものに電解質を加えたもの)を行うべきだったでしょう。

2回めの外来時、この時の問題が前回の問題と独立した問題であろうと言うのもあまり正しい評価とは考えられません。

肝酵素AST,ALT,CPK,Glu上昇は白血球のBand発現、ストレスパターンから何かしらの生き死にに関係する問題でのストレスを本人が受けていたのではないか?と考えます。

4/14外来で外注で心臓のマーカーと膵炎、腎疾患、超音波検査、レントゲン検査をされていますが、ネコの膵炎の場合、慢性化していることが多く、それが誘引として糖尿病がないか?の判断も必要となるため、13の段階で尿検査をされなければいけなかったと考えます。

これは糖尿病の問題が起きていないのか?静脈点滴で水和を戻す必要性もあるため、脱水を疑う血液検査の結果から皮下補液をしても体へ吸収されないためです。

加えて、黄疸(+)ともありますから、積極的な治療介入が必要であるという説明が必要であったでしょう。

また、胸腹水貯留ありということですから、酸素室管理、胸水抜去できる量であれば抜く必要性もあったと思います。

したがって、死因は膵炎であるとされたようですが、膵炎は結果論であり、基礎疾患に肥大型心筋症があり、虚血性またはうっ血で膵炎が起こって、その前後に血栓が生じて死に至ったのではないかと考えます。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12362;はようございます。ご丁寧にありがとうごさいました。ただ一つ気になる点がございます。
検査結果を聞きに伺った時、肥大型心筋症は私の間違いで膵炎でしたとはっきり仰ったんです。
それでも心筋症からきた膵炎なのでしょうか?
私としては膵炎とは分からず心筋症だと先生が思い込み、心筋症の処置をして亡くなってしまったのではないかと思っていました。もちろん急性膵炎の治療をすぐしても亡くなったかもしれませんが・。
血液検査の数字もそこまで悪くないし、今すぐどうこうなることはありませんとはっきり仰いました。14日です。
私ごとですが、15日から3泊で両親と子供達と旅行に行く予定だったので聞きたくなかったのですが伺ったんです。酸素ボックスの相談もしましたが、この程度なら必要ないと言われました。先生はそう仰いましたが、家に帰って呼吸が苦しそうだったので、主人が酸素ボックスのレンタルに行ってくれました。その途中で亡くなってしまったので使う事はなかったですが。長々とすみません。
どちらかの病院でCDとカルテを見ていただける病院はご存知ないですか。
こんな事をしても生き返るわけではありませんが、きちんと知っておきたい気持ちでいっぱいです。

猫 についての関連する質問