JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 998
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

8歳のメス猫です。激しい嘔吐を繰り返したので4月上旬に病院に連れて行きました。短期間で体重が2.7㎏→2.2㎏に。GOT

ユーザー評価:

8歳のメス猫です。激しい嘔吐を繰り返したので4月上旬に病院に連れて行きました。短期間で体重が2.7㎏→2.2㎏に。GOT=162、GPT=633、ALP=439と異常な数値でした。ウルソを処方され、以後2回通院して経過を見ていただいており、2回目はやや快方に向かったのですが、3回目はGOT=115、GPT=638、ALP=415に。白血球の増加はありません。NEUとEOSが低値です。(お医者さまには「気にしなくていいです」と言われていますが、何のことやら意味がわかりません・・・)薬はウルソを指示通りに欠かさず一日2回飲ませています。もともと食が細い子ですが、食欲はあります。食べる量は少ないですが。見た目は元気で走ったり甘えたりしてきます。嘔吐の回数は減りましたが3回目の診察の前日に2回胃液のようなものを吐きました。どんな病気が考えられるでしょうか?また自宅でできることはあるでしょうか?フードはオーガニックのドライフードとロイヤルカナンのウェットを食べています。

初めまして

先ず、腑に落ちない部分だと思う気にしなくていいは白血球のストレスパターンかな?と思います。

機械によって、その数字が異常に見えるため、塗抹検査でその白血球メンバーの構成比を確認します。

その問題がもしも、好酸球過剰だったなら、好酸球性腸炎か、寄生虫、肥満細胞腫からの嘔吐?と考えることも多いです。

なお、白血球数が高く、かつリンパ球数も高いなら、全身性のリンパ腫も考慮に入れるべきでしょう。

後は、肝酵素の増多ですが、もう3週間くらい高いなら、そろそろエコーの時期ですね。

後は、食欲過多があったり、痩せて来てたり、年甲斐もなく元気いっぱいで子猫のように遊んだり、目が爛々としていれば、甲状腺機能亢進症は検査するべきか、または疑って確認をした方がより良いでしょう。

ご希望のご回答とズレていると思いますが、今頂けている数字の評価では一般的なところでご家族の方に説明する上でこのレベルかな?と思います。

他の検査結果で気になられたこと、かかりつけ医の先生に質問したけど流されてしまったことなどあれば、いつでもご相談下さい

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;解答をありがとうございます。昨日、肝臓の細胞をとっていただいて結果を待っています。血液検査ではリンパ球数、白血球数ともに異常がないそうです。好中球数、好酸球数は標準によりも低値です。性格は穏やかで優しく、投薬時にもひっかいたり噛んだりもせず、特にハイテンションということもありません。ただ、やせていくような気がするのです。洋猫の血が入っているのか体長はあるのに体重が軽すぎ、しかも減っているのが心配です。甲状腺機能亢進症というのは肝臓細胞の検査でわかるのでしょうか?また、仮にそうであったとして深刻な病気なのでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;と、ゴールデンウイークに外せない用事で実家に戻らなければなりません。新幹線で約3時間の移動は、病気の猫にとっては負担が大きいでしょうか?さりとて病院に預けた瞬間に、体調が悪化した例もあり、どうしたらいいのか悩んでいます。

甲状腺機能亢進症については肝臓の細胞ではわかりにくいです。

もしかしたら、肝細胞の変性で疑えるかも?で確定はしません。

一番、かんたんなのかは血液検査ですね、いつもの採血からほんのチョビっと多めにもらうだけで検査可能です。

少なくとも、肝臓の細胞診よりも遥かに安全で、簡易です。

甲状腺機能亢進症は、深刻ですか?については、深刻です。

生き死にに関係します。甲状腺ホルモンが多いことから心臓の壁が厚くなります。結果的に心筋症の症状を呈します。

また、血圧が上がるため、微妙な腎不全を隠します。

体の向上性は燃える火だとよく例えられます。子供の頃、焚き火とかをされた方だとご説明しやすいのですが、

焚き火に常に薪を入れないと、火は消えますよね?この薪がご飯です。

甲状腺ホルモンは油で、それを入れると火力を上げますよね?

これが病気の本体、それで体が疲れやすくなったり、様々な問題を引き起こすわけです。

ゴールデンウィーク中での移動ですが、3時間の移動は大きいですね。今のところ落ち着いているのであれば、いい方法として自動給餌器と使い古しのスマホなどでおうちの確認をしつつ、お家においておいたほうが病院へ預けたときに体調が悪くなったことは予防できるのかしら?と考えますが、いかがでしょうか??

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。実家に連れて行くのは断念します。一人ぼっちのストレスと移動のストレス、比較にならないくらい後者が負担になりそうですね。病名が判明するかどうかわかりまえんが検査結果を待って、またご相談させてくださいませ。ありがとうございました。

いつでも、ご相談ください。

ネットの中だけですが、もう一つのかかりつけのように感じてもらえて、いつでもご相談してもらえると幸いです。

快癒することをお祈りします

猫 についての関連する質問