JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue_rose2017に今すぐ質問する
blue_rose2017
blue_rose2017, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 950
経験:  小動物臨床11年、1.5次診療施設で外科部長、企業病院で院長の経験がある獣医師です
98115780
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
blue_rose2017がオンラインで質問受付中

猫17歳が初めて3/24朝から食欲がなく17:00に病院につくや診察台で黄色の液体を吐き点滴だけ受けました。黄色の液体に

ユーザー評価:

猫17歳が初めて3/24朝から食欲がなく17:00に病院につくや診察台で黄色の液体を吐き点滴だけ受けました。黄色の液体については尿毒症かもといい、シロップを7日分処方したっきり、血液検査や尿検査は今できないといわれ、その後予約の電話に全く出ないので困っています。
現時点、7%体重がみるみると落ちたので強制給餌し始めました。
夜中自発的に海苔をひとかけ乗せた腎臓ケアドライフードを7g食べ、
日中強制給餌で30gを水素水で浸けたドライフードをミキサーにかけて少し温めてオメガ脂肪酸のアマニユを混ぜて食べさせてますが、
アマニユと言っても『油脂』だから、今の状態において、猫の膵臓や肝臓の負担になってますか?
血液検査は1/15時点ではGPT(ALT)136、アミラーゼ1224、
クレアチニン2.7と高値で、一方リンは2.0と低いのですが、慢性腎臓病と診断され、朝はずっとセミントラ、夜は時々フォルテコールを服用しておりました。
尿検査だけを昨日4/2に遠方の病院がしてくれて、蛋白プラスマイナス、尿比重1026でした。
今、7名の先生様方、何か、この所見で思うこと、今わたくしがしないといけないこと、愛猫のために出来る最善のことを、
どうか、どうか御教授お願いいたします。

エイミーちゃんのご家族様

血液検査などを希望してもしてくれないというのは少し良くないですね。

理想的には、投薬内容が変わらないのであれば継続

食べられないと、黄疸や膵炎、逆に膵炎があって黄疸もあるのですが、そういう問題が起こるので食べれる物を食べさせるがベターです。

1つとしてはやはりセカンドオピニオンを取るというのもひとつですし、今するべきは本来なら静脈からの点滴です。

また、年齢的に甲状腺機能亢進症もよく併発している可能性もあるで、設備の整った病院に行かれて、適切なケアを受けられることをお勧めします

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;回答ありがとうございます。
しかし、質問についての回答への意味が理解できてなくて、すいません。
もうひとおし質問させて頂きます。
①アマニユ『油脂』は、今の状態において、猫の膵臓や肝臓の負担になってますか?②慢性腎臓病と診断されセミントラ、フォルテコールを服用後一ヶ月してからの血液検査は1/15時点、GPT(ALT)136、アミラーゼ1224 だったのですが、当時は『変動するので気にしなくていい』
と聞いていたのですが、今の状態に至り、ネットの情報では異常値なのですが、その点について、何の病の可能性が推測できますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
20877;度質問を送信したのになぜか、電話で追加料金が出ました。今、質問させて頂きました内容は届いてますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
12356;いえ、かかりつけは一番このエリアで設備整ってる方だと思いますが、午前のわずかしか診察しない。
検査はすべて予約制。緊急対応はできるとか往診できるとうたってますが、予約の電話すら出ないし、しかも何の検査が必要でやって下さいと予言して素人が頼まないといけないなんておかしい。お手数ですが、質問は、何の病の可能性が考えられますか?
お手数ですが、アマニユについての回答もお願いいたします。

ご質問いただいてますので、ご安心下さい

亜麻仁油が植物由来であるので、臓器へのダメージは低いと考えますが、科学的根拠として免疫調整とか、炎症の調整だと思うので、お使い下さっても問題ではないかと思います。

ALTの上りは基本的に肝疾患または投薬後の増加であればお薬の性格上軽度な肝障害があったのかもと疑われますが、1ヶ月前は人で言えば半年前ですし、それだけの数字では今は評価が難しいと思います。

また、検査機器によりAMYの意味も変わります。古くは腎疾患の評価をするのに猫では使われてきた部分もありますので、その意味だったのではないでしょうか?

どちらにしても、今を知るための検査は必要です。

もう一点ですが、病院へのご不満の部分はご理解致します。

検査治療について半分くらいは病院に主導権があり、ご家族様にも半分くらいはあります。

これは人の医療も同じです。

従って、ご家族様がもっと長生きさせたいし、より詳しく検査をしてより良い対応をしてほしいという意思表示がないと獣医師が勝手にやるということが法律的な解釈で、難しい部分でもあります。

blue_rose2017をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;多忙のところありがとうございました。
セミントラは2016/12から毎朝ずっと服用してます。
ネット上では、『GPTの高値、食欲不振が起こる時は、治療が合ってない疑いがある、肝臓、膵臓検査、超音波など早急な検査が必要』と書いてあり、
現時間が、15:50になってしまいました。
この臨床と検査結果としてこんな検査が必要だというのが獣医だと思います。患者及び飼い主が予言して素人の分際で『1/15の血液検査結果から食べなくなるときどうすべきか推測できなかったのか』とか言ったり、膵臓検査、超音波、血液検査をやって下さいと事前に予言して意思表示しないとやらないなんて、おかしいです。それでは獣医の意味ない。こっちは真剣に体調の悪いとき寒い北海道の田舎を飛ばして連れていってるのに、二度足ですよ。一番、猫に負担かかっている。
ある女性獣医が、マラセチアでかかった時、『いいから血をとっていきなさい。』と言って後日、腎臓病の疑いをコメントしてくれたことから、今の治療に繋がってます。しかし残念ながら肝心なマラセチアの治療がグイグイ金具を愛猫の耳が真っ赤に熱もって腫れるぐらい雑にやり、処方薬も出さないことで半年以上、何の病名か不明のまま、今の一番設備が整った病院に来てすぐ治ったのです。しかし、予約の電話にも出ないし、腎臓病の診断はしたものの、肝臓膵臓の話をしてもスルーされました。誤診をごまかしてるとは思えないです。
ですから素人が今こうして情報を自力で学習したのちに、『膵臓肝臓検査、超音波、血液検査して欲しい、その根拠は何だ』まで言わないといけなくなっているので、このシステムを利用したのです。
でも、言葉足らずか、アマニユは与えて良い回答はありがとうございました。それ以外の命に関わる高値について獣医師としてのコメントが乏しく非常に残念に思います。

猫 についての関連する質問