ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士寺井に今すぐ質問する
弁護士寺井
弁護士寺井,
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 228
経験:  Expert
118604279
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
弁護士寺井がオンラインで質問受付中

キリスト教会を運営している代表者です。ある女性が所属していて、その方は教会の会計(税理士事務所勤務)をしておられました。

ユーザー評価:

キリスト教会を運営している代表者です。ある女性が所属していて、その方は教会の会計(税理士事務所勤務)をしておられました。その方は熱心な方で、教会の運営のためあるビジネスを始めるために、沢山の献金を捧げてくれていました。その方はこのコロナ禍で急に教会に来なくなり、二年半以上ほとんど来なくなったので、大切な会計を任せることがふさわしいかどうかを、3月の役員会で話し合い、今年の三月末分までの決算を最後にその方に会計を降りてもらうことになりました。そのこともあって、税理士事務を通して作成された決算書には、過去に捧げて下さった献金を献金ではなく、教会に貸付していたのだと主張し、昨年の分の決算書に、彼女が今までの献金されたものを貸付金として計上し、お金の返却を求めています(9/18にその主張に来られました。その時に借用証書を書いてほしいと言われました。)。しかし、よくないのは今までの献金を貸付金にして、すでに、私の名前で借用証書が作成されています(すでにそれが何十枚も作成され、私の印鑑まで押してあります。一切私の押印した記憶がない借用証書です。返済期日も金利も設定されていました。)。私はそれを見てとても驚きました。どのように対応することが良いのかとご相談しました。とりあえず質問のアウトラインです。どうぞよろしくお願いいたします。
弁護士の寺井と申します。相談者様の印鑑も押されているとのことですので、有印私文書偽造罪に該当するかと思います。警察に届け出て頂くことが最善かと思います。

宜しくお願い致します。

弁護士寺井をはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12393;うもありがとうございました。やはり、これは犯罪ですね。
相手のプライバシーを守るために、この相談のやりとりをこのサイトの履歴から削除して頂きたいです。

かしこまりました。ありがとうございました。

会社設立・企業法務 についての関連する質問