ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 15530
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

相談をお願いします。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

相談をお願いします。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 静岡県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 当方57歳で会社員なのですが、定年までの間にスキルアップを目指し会社員をしながら個人事業主を開業できたらと思っているのですが、わからないことだらけなのです。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きましたが、差し支えのない範囲で構いませんので今回の質問で聞きたいことと詳細をお教え頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。
宜しくお願いします。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

質問者: 返答済み 7 日 前.
12424;ろしくお願いします。

ご返信、ありがとうございます。

こちらこそお願いします。

引き続きご質問内容をご記載ください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
23450;年後の為に、車両系建設機械(重機)の資格を取っています。当面は儲けなどはかんがえていないのですが、個人事業主となっておけば 資格取得に掛かる費用を経費として計上したり、実際の技量を養うために請負(一人親方)として本業の残業時間数にとらわれずに細々とでもできないものかと考えているところです。

ご返信、ありがとうございます。

まずは現在の会社が副業を許可しているかが重要かと存じます。

(税金面に関しては当サイトの「税・ファイナンス」カテゴリーへ質問すれば税理士やファイナンシャルプランナーなどからの回答が得られます)

宜しければ下記URLもご参照ください。

サラリーマンをしながら個人事業主になるメリット・デメリットと手続き方法 | 起業・創業・資金調達の創業手帳 (sogyotecho.jp)

質問者: 返答済み 7 日 前.
20250;社では兼業は許可制となっています。本業の残業時間数が多く 個人事業でなくアルバイトとした場合複数月の平均残業時間数とアルバイト時間数の合計が80時間を超えるのです。

ご返信、ありがとうございます。

そのような状況であれば、個人事業主として業務を行うという発想は宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 7 日 前.
24403;方の年齢からすると、定年が64歳になるのかと思いますが、それまでの間 毎年赤字か微々たる収益で個人事業主としてやっていても問題はないのでしょうか?

そこに関しては特段の問題はないと思量します。

質問者: 返答済み 7 日 前.
35328;い方は悪いですが、『スキルアップと節税と小遣い稼ぎ』と思われる起業だとしても問題はないのでしょうか?

個人的な見解ですが、

『スキルアップと節税と小遣い稼ぎ』

自体、何も悪いことはありません。

当然、違法性もなく、むしろ先を見据えた「きちんとした将来設計」であると思量します。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございます。 開業の方法ですとか 資格取得の費用や経費計上などについては「税・ファイナンス」カテゴリーへ質問するほうが良いでしょうか?

はい、「会計上のこと」は法律カテゴリーではなくそちらのカテゴリーへご質問頂ければ、税や会計の専門家からの回答が得られるかと存じます。

(トライアル会員であれば追加料金は掛かりません)

こちらこそご質問、ありがとうございました。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部の星マークでご評価を頂けると幸いです。

その上で、「法律」に関してまた何かありましたら、お声掛けください。

ご質問の新規投稿の際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;丁寧にありがとうございました。

会社設立・企業法務 についての関連する質問