ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2080
経験:  所長
64397026
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

弊社クライアント様と 4/18~4/30までをホームページのSEO対策という名目で契約をし、

ユーザー評価:

弊社クライアント様と
4/18~4/30までをホームページのSEO対策という名目で契約をし、
5/1~5/31までを無料コンサルティングということでサービス提供しておりました。(こちらは契約書は交わしておりません)そして6月になり、ホームページをアップデートしたいけど、していいのかわからないということで
ご連絡が来た為、保守契約を結んでいない為お断りしました。(5月時点でクライアント様自身が改修しており、弊社で作業した際と状態が違う為、担保が取れなかったのが理由です。)そこでクライアント様が逆上して来ているのですが、これに対してどのような対処をしたほうがいいか
ご教授願えればと考えております。

ご質問いただきありがとうございます。

クライアントと4/18~4/30はSEO対策として契約して、契約書は交わしていた?

5/1~5/31までを無料コンサルティングで契約書はなかった。ここであなたの会社のサービスは終了しているわけですよね。

「ホームページをアップデートしたいけど、していいのかわからない」の意味は「アップデートしてほしい」という意味でしょうか。

5月31日で契約は切れ役務の提供は終わっているのですから、再度ホームページのメンテナンスの契約を結ぶかどうかクライアントに聞いてみればよいと思います。

クライアントが「逆上」とありますが、契約を結ぶことに応じなければ静観して構わないと思います。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;回答ありがとうございます。クライアントと4/18~4/30はSEO対策として契約して、契約書は交わしていた?
>>こちらは契約書は交わしております。「ホームページをアップデートしたいけど、していいのかわからない」の意味は「アップデートしてほしい」という意味でしょうか。
>>こちらについては「して欲しい」ではなく、判断して欲しいとの相談でした。5月31日で契約は切れ役務の提供は終わっているのですから、再度ホームページのメンテナンスの契約を結ぶかどうかクライアントに聞いてみればよいと思います。
>>保守契約を含むコンサルティング契約は提案させていただいており、1ヶ月無料で行った無料コンサルティングについても不服があるようで、裁判をしますか?とも言われております。この場合連絡が来た際にも静観しても問題はないでしょうか。
特に現在は契約が残っているなどもなく、あくまで未契約状態です。ご回答の程よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 6 日 前.
20116;月雨式に申し訳ござません。クライアント様に営業した際に営業内容を録音しており(弊社は知りませんでした)
以下内容で問われてます。----------------ここから----------------
記録を確認していましたら〇〇様からのお言葉で「一日一件のネット反響の実績がありますので任せてください」と言われています。私が「反響あるのは来月からですか?」と聞きましたところ早くても二、三ヶ月は時間が掛かると言われています。
その時即座に「弊社は、お願い致します」と〇〇様に伝えています。
〇〇様に確認していただけましたら明らかになります。以上の内容でネット反響が一日一件見込めなかった場合は、どうしますか?裁判しますか?
顧問弁護士にご相談ください。此方も今週中には相談に行きたいと思います。最後に一つお願いがあります。
この内容、この件に関しまして背くことなくご対応をお願い致します。
私は適当にあしらわれる事が嫌で人様以上に拘ってしまいます。背いた人間に関しまして100%の力で納得を求めて解決してきました。そこに使うお金も時間も惜しみません。それくらい許せない事なのです。
どうか逃げずに堂々とご対応をお願い申し上げます。
----------------ここまで----------------あくまでも弊社営業担当は過去実績の話をしております。
この場合、弊社側に対しての非はありますでしょうか。

ご返信いただき、ありがとうございます。

「保守契約を含むコンサルティング契約」は提案しているが、クライアントは1ヶ月の無料コンサルには不満があるということですね。であればクライアントは別業者に依頼することも可能なわけで選択しはあることになります。

全ての契約が終了している現在としては、「静観」がベターな選択でしょう。

なお、「追記」の営業記録については、今回の「契約」の可否に対するクライアントへの対応と質問内容が異なりますので、一旦ここで専門家の「評価」をしていただきたいと思います。

その後プレミアムサービス「QAの延長」を低算させていただき、ご承認ののち回答させていただきます。

よろしくお願いします。

dai60962000をはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;回答いただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。

会社設立・企業法務 についての関連する質問