ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 2066
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

前職がみなし残業35時間だったのですが、 35時間以上残業をしており、超過分の残業代が支払いされていません。

ユーザー評価:

前職がみなし残業35時間だったのですが、
35時間以上残業をしており、超過分の残業代が支払いされていません。
タイムカードが残っている分の残業代の請求は可能でしょうか?2018年に入社しており、2020年11月13日退職しています。
タイムカードに残っていないサービス残業分はもう諦めてもいいかなとは思っているのですが、記録がある分だけでも請求したいと考えております。

分かる範囲で対応させていただきます。記録がある分があるということと、2020年11月13日退職ということですので、結論から言いますと、残業代請求は可能です。残業代請求権には時効がありまして、退職から3年なのですが、期間的にも問題ありません。残業代請求をする際、まずは請求する金額を確定する必要があります。その計算方法は複雑であり、資料がどの程度手元にあるかによっても大きく左右されますので、まずは弁護士に相談するのが有益です。
弁護士に相談する際は、手許にある資料はすべて持参してください。タイムカードなどの労働時間を証明する証拠や、給与明細等です。弁護士に相談するといっても、普通はどのように依頼をしていったらいいか分からなかったり、初めから費用が発生してしまうのは負担になったりしますので、一度、お住いの地域の法テラス(日本司法支援センター  (https://www.houterasu.or.jp/ )へご相談になってみることをお勧めいたします。法テラスでは法律にかかわる相談や法律案件に対応し、必要であれば弁護士の紹介も行っていますし、条件が合えば弁護士費用の立て替え制度もありますのでぜひご参考になさってみてください。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。
参考にさせていただきます。因みに法テラスに相談するとなった場合、前職が大阪府で今は東京に住んでいる場合、相談先は東京で問題ないでしょうか?

ご返信ありがとうございます。法テラスでは通常予約制で直接の弁護士相談等を行っているので(今はコロナで直接面談はしていない可能性もありますが)貴方のお住まいの地域の東京での相談でいいです。

low-counselorをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
20998;かりました。ありがとうございます。

会社設立・企業法務 についての関連する質問