ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 3539
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

個人事業主のデザイナー、グラッフィックアーティスト、ミュージシャンです。

ユーザー評価:

個人事業主のデザイナー、グラッフィックアーティスト、ミュージシャンです。それぞれ別の名義で活動を行なっているのですが、ビジネス取引の総称としてまた別の名前があります。例えば、事業用のクレジットカードや、口座は総称を使っています。印鑑も総称のもののみ用意しています。取引先には、その旨を伝えれば
請求書の印鑑は総称名のもので取引しても大丈夫でしょうか。それとも、デザインのサイト名、事業名に合わせて新たに作った方がいいのでしょうか。印鑑は形式上のものだとは思いますが、例えば大企業を相手にした場合、上の立場の人にスムーズに話が通る方を優先したいです。個人名の印鑑で最悪よいと思うのですが、より格式をつけたい場合の為です。ご回答宜しくお願い致します。

こんにちは、ito-gyoseiです。

色々な事業を行っている法人(会社)が、代表するひとつの社名で企業活動を行っているのと同様、総称を用いて事業活動を行うのも特段の問題はないかと存じます。

総称の名刺に、各活動ごとの名前を記載した名刺などをよく見掛けますが、そのような扱いだと思って宜しいのではないかと思量します。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 18 日 前.
12394;るほど!ありがとうございます。それでは窓口の総称名を軸に金銭のやりとりを行います。丁寧で分かりやすいご説明ありがとうございます。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様は非常に多彩な才能に恵まれている方なのですね。

羨ましいです。

ご商売の益々の繁盛、心からお祈り申し上げます。

会社設立・企業法務 についての関連する質問