JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 529
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

個人事業主です。 節税関連について伺いたいです。

ユーザー評価:

個人事業主です。
節税関連について伺いたいです。
開業届を出したときに全く説明を受けることができず、調べてもあまり頭に入らなかったので
せめて要点だけでも押さえて理解できたらなと思っています。
例えば口座を屋号名義で作る必要があるとか?でしょうか、本当によく変わっておりませんが
助言を頂けますと嬉しいです。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート( info@justanswer.jp) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。

** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
質問者: 返答済み 1 月 前.
この質問がジャストアンサー上で問題ない質問であれば、このままゆっくり待たせて頂こうと思います。
ご配慮ありがとうございます。

お世話になります。

口座を屋号名義で作る他、以下の

ものもあります。

良かったら参考にしてみてください。


◆法人カード
個人事業主が節税を図るうえで忘れてはならないのが
経費をしっかり計上することです。
そのためにおすすめなのが法人カードです。

法人カードは、事業で使う経費の決済を通じて
個人事業主の仕事を効率化させてくれるアイテムです。

◆税率が上がってしまいそうときに有効な備品購入
利益が多くなってギリギリのところで、
所得税の税率が上がってしまいそうなときに有効です。

◆青色申告の特別控除65万円
青色申告で複式簿記の会計処理を行い、
貸借対照表と損益計算書を添付して申告すれば、
青色申告特別控除として所得から

65万円を差し引くことができます。

◆事務所の家事按分
自宅兼事務所で仕事をしている個人事業主が該当します。
賃貸借契約で家賃が発生する場合や、
水道光熱費について按分を行えば節税につながります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
ありがとうございます。

法人カード→自分で調べれてどんどん始めて大丈夫でしょうか?

税率が上がってしまいそうな時→学がなくて申し訳ないのですが、ここで言う税率とはなんのことでしょうか…汗
青色申告の特別控除65万円→白との違いを簡易的にお教え願えますでしょうか?
自宅兼事務所状態です→ここで言う按分とか具体的にどのようなことを指しますでしょうか?(領収証と取っておき計上する?などでしょうか…?)
質問者: 返答済み 1 月 前.
また、屋号名義の口座を作るのは必ず必要でしょうか?
現在は元々の自分の銀行口座しかありません。

お世話になります。

法人カードは自分に合ったもので構いません。

 

収益が増えると所得税が増えますが、

その時に必要経費を増やすために

備品を購入するわけです。

 

青と白の違いは、つまり帳簿が必要か不要

かの違いです。

白は帳簿を作成しなくてもいいのが

嬉しい点です。

 

案分は
たとえば全体の4割を仕事スペースとして

使用している場合、家賃の4割を経費として

計上するのが家事按分です。

その他の経費についても兼用している場合は

仕事に使っている割合に応じて按分します。

 

屋号名義の口座は必ずしも必要ありません。

 

あくまでも節税の方法ですので、

できることから始めればいいと思います。

質問者: 返答済み 1 月 前.
ありがとうございます。
自分で少し調べてみましたが、頂いた情報でかなり理解しやすくなりました。

大まかな質問になりますが、個人事業主が確定申告を始めとして、お金関係で比較的頻繁に問い合わせや相談として持ち込みがちなもの(トラブル・ミスなど)で代表的なものがあれば教えて頂きたいです。
それを今後、活動する上で気をつけたいと思います。

やはり確定申告での必要経費では

ないかと思います。

最初はどれが必要経費になるのか

分からないことが多いかもしれませんが、、

すぐに慣れますよ。

 

質問者: 返答済み 1 月 前.
ありがとうございます。
念のためですが、
必要経費=事業をする上で必要性があるとして掛かった経費
という認識で合ってますでしょうか?
そしてそれを証明するのに屋号や自分の名前を宛名にした領収証が必要、ということでしょうか。

そういうことですね。

saito, 弁護士
満足したユーザー: 529
経験: 法律 コンピューター
saitoをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
恐らく頭に入りました。
評価の方をさせて頂きたく思います。
お忙しいところありがとうございました。

会社設立・企業法務 についての関連する質問