JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 449
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

会社員を17年目です。来年4月からの起業を考えていますが、これまで会社員として支払ってきた厚生年金(2Fまでの部分)の扱

ユーザー評価:

会社員を17年目です。来年4月からの起業を考えていますが、これまで会社員として支払ってきた厚生年金(2Fまでの部分)の扱いはどうなるのでしょうか?起業して経営者になった際に、過去払った分が帳消しになるのか、ならないのか、がわかりません。
経営者として起業する際の年金運用についてアドバイスいただければ幸いです。
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。

お世話になります。

起業した場合、以降の年金は国民年金になります。

また、これまで支払ってきた厚生年金は

そのまま通算され、65以上になった時に

計算されて支給されます。

今後は様々な方法がありますが、

年金をもっと増やしたいのであれば、

国民年金基金に加入してみるのも

ひとつの方法です。

ちなみに私も質問者様と同じパターンであり、

現在は国民年金基金に加入しています。

また、余裕があれば年金積み立てタイプ

の生命保険に加入するのもいいと思います。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;教授感謝です。承知しました。

よろしくお願いします。

saito, 弁護士
満足したユーザー: 449
経験: 法律 コンピューター
saitoをはじめその他名の会社設立・企業法務カテゴリの専門家が質問受付中

会社設立・企業法務 についての関連する質問