JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1376
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

企業法務、とくに取引契約に関する質問です。

質問者の質問

企業法務、とくに取引契約に関する質問です。請負代金請求で商法第512条による報酬請求権を相手方に対して主張するには、納品内容を立証するばかりでなく、あらかじめ契約書を締結しているか、メールのやり取りなどであらかじめ契約条件について合意している必要があるという理解は正しいでしょうか。それとも口頭による契約だけでも報酬請求権を主張できますか?
投稿: 15 日 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  Jie Ketsu 返答済み 14 日 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
専門家:  専門家287tzx75 返答済み 14 日 前.

回答者tzx75が対応させていただきます。

ご存知の通り、契約は口頭のみでも成立します。

ですから、口頭による契約だけでも報酬請求権を主張できます。

会社設立・企業法務 についての関連する質問