JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1348
経験:  dasdasd
84237273
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

接骨院の譲渡契約をH29.9月に結んで、11月1日に

質問者の質問

接骨院の譲渡契約をH29.9月に結んで、11月1日に
一括もしくは分割でお支払いが決まっていたのですが、相手側と譲渡金額を決める時に毎月200万円の純利益を出しているので、✖️一年分2400万円でどおですか?だったのですが、キレもいいところで2000万円で決定したのですが、何か売り上げが怪しいと思い11月から経営を開始しましたら、純利益200万円もなければ、スタッフの技術もない、仲が悪く、スタッフから前経営者の愚痴の相談を受けたり、技術指導をしたりと、中はぐちゃぐちゃでしたが、何とか修正しようと努力をしておりましたが、相手側の弁護士さんからどんな理由にせよ、自分が契約したにも関わらず11月1日に一括のお支払いをしなかったので、相手側から昨年の1年間の平均利益が60万円ですので、(200万円とお話していたのに60万円と認めている)こちらは、譲渡金をお支払いしていなかったのですが、11月から1月までこちらが経営をしていましたので、✖️3ヶ月分➕相手側の役員報酬85万円=435万円の請求をされました。しかしそこは、関係ないお話なのは承知済みで、スタッフ間の技術不足や仲の悪さや純利益が200万もなかったこと考慮して頂き3ヶ月間の利益が150万円でしたので150万円で賠償金はどおですか?相手側から不動産の敷金礼金などの経費は関係ないので、そこは、➕して230万円の一括払いでどおですか?と来ました。自分としては、譲渡金を払わずに3ヶ月間経営をして利益を得てしまっていますので、お支払いをしようと思っているのですが、相手側から賠償金とは、もしあなたでなくこちらが経営をしていれば、あろう利益を請求する事でありと書いてあったりですとか、毎月の純利益が200万円なかった事やスタッフには全部仕事の内容もお話をしてあるとは言いましたが、かなりわかっていなかった事や、技術不足で患者様からのクレームが多くこちらで技術指導した事などかなり契約を結ぶ時のお話と違った事など、➕こちらが3年間の分割予定を出してお話し合いをしていた最中に相手側からとりあえず11月中に分割金としてまずは、54万円振り込んで下さいと要求がありましたので11月末日に振り込んだのですが、今回相手側からこちらの分割予定の条件では納得できないという事と12月に分割金を振り込んでくれなかった事など信用できませんので、この契約は無しにしましょうと言われました。では自分が54万円は、賠償金から差しいてもらえますかと問い合わせしましたら、それはできませんと回答頂きました。こういった経緯がありこの件に関して自分に非があると思います
が、他の面で納得できません。このままお支払いをして終わりにした方が良いのですかね?
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  khyh1709 返答済み 2 ヶ月 前.

回答させていただきます。弁護士のkhyh1709といいます,よろしくお願いいたします。

長らくどの専門家からの回答がつかないままであったようですね,大変失礼致しました。

詳細なご記載,ありがとうございます。

今回の件ですが,営業譲渡契約に関して,前提となる営業の評価が適切ではなかった事案のようです。

最も重要な純利益見込みについて,毎月200万円という前提でありながら,実際には60万円というのは,あまりにも過大な売り上げを見込んでの契約になっているように思います。民法上の詐欺による契約の取消し,あるいは錯誤無効さえも考えられるところです。

通常なら,収益状況については,貸借対照表などの財務諸表のほか,顧客名簿や予約状況,売り上げ状況なども確認した上で判断するのではないかと思います。

今回はそこまでせずに200万円という話を信じていた,ということになりますでしょうか。

仮にそうだとすると,法的に考えると杜撰な契約であった,と評価せざるを得ないですね。

そのため,こちらとしては,当初聞かされていた営業実績とは全く違う,スタッフの教育もできていない,

その意味で騙された契約だ,として,

本来なら契約をなしにしてお金を返してもらう話もあり得る,

ただ,実際上営業しているため,営業譲渡の対価の支払いについては,これだけに減額するべきである,

そういう交渉はされていいと思います。

もちろん,支払をしてこの関係を清算し,現在の営業を延ばしていくことに専念する,というのもひとつの選択だと思います。

これは,現在のお客様の状況にもよるでしょうか。

会社設立・企業法務 についての関連する質問