JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 会社設立・企業法務
満足したユーザー: 1353
経験:  dasdasd
84237273
ここに 会社設立・企業法務 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

3年前に県の再生モデル事業で約430万円補助金を受けました。

質問者の質問

3年前に県の再生モデル事業で約430万円補助金を受けました。
しかし、昨年春、その補助金を受けたことをすっかり忘れて、運転資金を調達するため設備を売却してしまいました。その後、県より設備の稼動状況を報告するよう文書が届き、その時補助金を受けていたことを思い出し、県にその報告・相談をしたのですが、要綱には「財産の処分の承認を受けようとするときは、あらかじめ取得財産処分申請書を知事に提出しなければならない。」の条文から補助金全額の返還と加算金を求められました。失念したことを素直に謝罪し、酌量の余地を求めたのですが、聞き入れてもらえません。また、買戻し案も検討の余地なしといった感じでした。
お役所とはこのようなものなのでしょうか。なにか手段はないのでしょうか。
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 会社設立・企業法務
専門家:  khyh1709 返答済み 5 ヶ月 前.

どなたからの回答もないままのようですので,コメントをさせていただきます。

ここまで回答がないのは,また当職も回答を記載できませんでしたが,

基本的には,モデル事業で補助金を受けていたことによる設備について,県に連絡なく設備売却をしてしまった場合は,

違反があったとして補助金返還を請求される,

この形式的な流れはどうしようもないと思います。(なので,回答をだれもできなかったところだと思います)

あとは,減額等がありうるかどうかですが,(ここは実際にはありうると思いますが)

できる限り正確に回答するには,実際の県の要綱を確認する必要があります。

よろしければ,補足していただければと思います。

会社設立・企業法務 についての関連する質問