質の良い睡眠でストレスのない生活を!

著者: satomi@justanswer.com

カテゴリ: 

質の良い睡眠をとることは健康維持の秘訣です。大人に必要な平均的な睡眠時間は7~8時間ですが、実際はそれより少ないのが通常でしょう。睡眠不足はストレスを増加させ、そのストレスにより不眠が続き、それにより更にストレスを呼び起こすことになります。十分に休息した状態で目覚め、すっきりした状態で一日を始めたいのであれば、専門家ドクターZhuが述べている以下のポイントを実践してみましょう。

 

  • 規則正しい睡眠スケジュール – 毎日同じ時間に寝て同じ時間に起き、体に睡眠-目覚めのサイクルを覚えさせる
  • 自然に睡眠-目覚めのサイクルを調整する – I日中はできるだけ日光に当たり、夜は電気を消すことで、体内でのメラトニン生成を促します。電気機器からの強い光を浴びると、脳がこの光波長を日中の日光と認識してしまうため、概日リズムに影響を与えます。
  • 睡眠に適した環境をつくる – 騒音をなくし、室内の温度も低く設定して寝室を眠りにつきやすい環境に整えることが大切です。静かで落ち着いた環境は気持ちをよりリラックスさせます。
  • 夕食は軽くとり、日中はエクササイズを行う – 睡眠時間前に重たい食事や大量のアルコール、カフェインを摂取すると睡眠リズムの妨げになるので避けましょう。また、日中20~30分程度体を動かすことでも深い睡眠がとれるようになります。
  • ストレスを最小限に - ストレスは、旧石器時代に起因する自然な体の反応であることを留意しておくことが大切です。現代ではトラから逃げたりすることはありませんが、ストレスを生じる環境に直面した際にこれと同様の闘争・逃走反応が現れます。このようなストレス要因に出くわすと慢性的なストレス反応が生じ、それが体へ不適応に働き体を消耗させます。慢性的なストレスは高血圧、肥満、頭痛そして首や背中の痛みの原因になります。

また専門家ドクターZhuはストレスへの対処法について、以下にいくつかポイントを挙げていますのでご参考にしてください。

  • 休息をとる – ストレスを感じ始めたら、今やっていることをいったん止め、3回、深呼吸をし頭の中を空っぽにします。
  • 大きなサイズの写真や画像を眺める – 大きな写真や画像を眺め物事をより広い視野で考えます
  • 黙想する – 静かに座って黙想する時間を1日10分程度取りましょう。 自分の呼吸とリラクセーションに集中します。瞑想の後は、ストレスがだいぶ少なくなっていることに気づくでしょう。
  • 自分自身を激励する – 一般的なストレスの原因は今置かれた環境で居心地がよくないと感じたり、ストレス要因に対処できない状況に起因します。 どんな状況にも対処できると自分自身に言い聞かせること、否定的ではないポジティブな自己肯定化を実践してみましょう。

質の良い睡眠やストレス改善についてさらに質問がありましたら、JustAnswerの専門家までお尋ねください。