税金で損しない!控除の申請漏れや確定申告の疑問も税理士がお答えします。

著者: Sanae Kobayashi

カテゴリ: 

確定申告の時期になりました。確定申告とは、所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことです。

確定申告という言葉は聞いたことがあっても、を行ったことがないという方は多くいるのではないでしょうか。多くの方は、年末調整を勤務先で受けているので確定申告が不要となっています。お勤めの方でも以下に該当すれば確定申告が必要となります。

1.給与所得がある方

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  •  給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。) の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。) との合計額が20万円を超える方


2.公的年金等に係る雑所得のみの方
公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある方は、確定申告が必要です。ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合において、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。

3.退職所得がある方
外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがある方は、確定申告書の提出が必要です。

4.上記1~3以外の方
各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む。) から所得控除を差し引き、その金額 (課税される所得金額) に所得税の税率を乗じて計算した所得税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある方は、確定申告書の提出が必要です。

また、給与等から源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金が、年間の所得金額について計算した所得税及び復興特別所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎとなっている所得税及び復興特別所得税の還付を受けることができます。

給与所得のある方で、次のような場合には、原則として還付申告を行うことができます。

  • 多額の医療費を支出したとき
  • 特定の寄附をしたとき
  • 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンのあるとき
  • 年の途中で退職し、年末調整を受けずに所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき


サイトでは専門家が質問に回答するだけでなく、ご希望であれば電話対応やドキュメントレビューといったあなたのニーズにあったサービスも提供しています。