少し意識や行動を変えるだけで、ヘルシーなライフスタイル

著者: satomi@justanswer.com

カテゴリ: 

食生活や食習慣を変えることは本当に難しく実現には強い意思を要します。忘年会や新年会といった食べ過ぎになりがちなパーティーシーズンが終わった今が毎日の食事内容や改善すべき食習慣をもう一度見直す格好の機会です。もし体重減少を目指すなら、一時的な食事制限は避けましょう。 ある研究では短期間の食事制限によるダイエットは通常ダイエット終了後には元の体重よりも体重が増えてしまうという結果がでています。ダイエットをしていない方も含め、ヘルシーな食習慣を身につけることは健康維持および体重のコントロールに役立ちます。専門家 Dr. Zhu がヘルシーな食習慣を身につけるポイントを教えてくれましたので、この1年を健康に過ごすポイントとして参考にしてください。

  • バランスの取れた食生活がポイント – 飽和脂肪やトランス脂肪、栄養素を含まないカロリーの高い食品(甘い飲み物や小麦や砂糖といった精製炭水化物など)。これらは栄養価がないばかりか満腹感も与えません。
  • 腹八分目を実践 – 満腹であることが脳に伝わるには 20 分程度かかります。控えめにゆっくり食事をすることで、体が脳とコミュニケーションする時間を設けましょう。
  • 食事の間隔を調整 – 空腹感が強くなると食べ過ぎになる傾向があります。アーモンドや果物などヘルシーな間食を取り入れて空腹感を上手にコントロールしましょう。
  • 数値をチェック – 1日の終わりに体重をチェックして、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをチェックしましょう。体重は一つの目安でしかありませんが一番身近で簡単に知ることができる数値です。複雑で時間のかかるカロリー計算は長続きしませんが体重をチェックして次の日に食べる食事やお菓子を調整することなら簡単に取り入れられます。

ヘルシーな食習慣は健康を維持するための条件の一つでしかありません。エクササイズや十分な睡眠を毎日のルーティーンに加えることも重要になります。食生活を見直す上で個人的な質問があるなら JustAnswer で質問しましょう。専門家が一対一であなたの悩みに対応します。