乳がんにおける遺伝子の影響は?

著者: Satomi Kubo

カテゴリ: 

Google の共同創業者 Sergey Brin が自身の遺伝子検査を受け、それによりパーキンソン病の発症につながる可能性が高い遺伝子変異を抱えていることがわかったと公表しました。科学者によると、遺伝子変異がある人のパーキンソン病の発症リスクはない人に比べると 30~50% 高くなるとのこと。それは発展途上の分野といえる遺伝子や健康と密接に関係していることを示すものです。日常よく耳にする病気においてもこういった統計はあるのでしょうか?乳がんを例に挙げてみてみましょう。

乳がんを発症する女性の多くは乳がんを引き起こすとされる遺伝性遺伝子を抱えていません。遺伝性の乳がんは乳がん全体の 5~10%となりマイノリティといえます。

JustAnswer の医師である Dr. David も「乳がんを発症する 90% の患者は家族に乳がんを患った人がおらず、また、乳がんにおいてはあなたが思うほどに遺伝性遺伝子を持つかというのはあまり大きな問題ではありません。」と述べています。

Breastcancer.org によると、異常な乳がん遺伝子を持つ可能性があるケースとして:

  • 50歳よりも若い年齢で乳がんを発症した父方または母方の血縁関係のある親戚がいる。

  • 家族に乳がんおよび卵巣がんの両方を発症した人が家族にいる。

  • 膵臓や大腸、甲状腺がんといった腺に関連した癌を発症した人が家族にいる。

  • 両乳房にがんをわずらった女性が家族にいる。

  • アシュケナージユダヤ人(東欧)の遺伝を継承している。

  • アフリカ系アメリカ人で35歳以下で乳がんを発症している。

  • 家族に乳がんを発症した男性がいる。

ご自身の家族の病歴や遺伝を知ることは重要であり時には必要なことです。しかし疾患によってはそれら情報はあまり重要な意味を持たない場合もあることを知っておくことは重要です。