クレジットカードの借金地獄に陥らない!クレジットカードとの正しい付き合い方

著者: satomi@justanswer.com

クレジットカードの使用による多額の借金を抱える人は多くおられます。 債務整理やその他トラブルに遭遇するのを防ぐために、クレジットカードとはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

クレジットカードは支払をスムーズに行い、また多額の現金を持ち歩かなくても良いといった利便性のために利用する支払い方法であり、現金の源として考えるべきではありません。 利用した分は支払い日までに全額支払いを行うのが基本です。全額支払いを行えないのであれば、残高がゼロになるまでの間は、生活必需品への出費を除き、一旦カードの使用を止めるべきです。

クレジットカードを使う上での7つのルール:

1. 毎月支払い日までに全額支払うこと
2. もし支払いができない月があれば、支払いが完了するまでカードは使用しない
3. ボーナス払いやリボルディング払い(リボ払い)はしない
4. 一括払い、支払いを先送りにしないことが原則
5. キャッシングは使用しない
6. クレジットカードは1つにまとめ、複数使用することは控える
7. あるクレジットカードの決済を行うために別のカードを使用しない
8. クレジットカードを使用して他人へのプレゼントを購入しない
9. お金がなければカードや手紙を送りましょう。プレゼントをあげる習慣を続けると、あなたの支払い能力以上の支払いをカードで行ってしまう傾向があります。

出費の確認や自分の出費行動をモニターする習慣をつけるには、次のエクササイズがおすすめです。

カードの利用履歴を出します。過去の出費を2つのタイプに分類します。一つは生活必需品や医療品、税金や住宅ローンといった「必需品」への出費。もう1つは外食やギフト、イベントへの参加といった「オプショナル」の出費。 分類した結果をみることで、ご自身の出費にはどういったタイプのものが多いのか、削れる部分はないか、またどれくらい賢く支出の管理を行っているのかをみることができます。まずは自分の出費の傾向を知ることがファーストステップです。

家計簿診断やお金にまつわるさらなる質問は 今すぐ専門家に相談 しましょう。