何度もくり返し確認をしてしまう?強迫性障害をご存知ですか?

著者: Satomi Kubo

カテゴリ: 

外出時に玄関の鍵を閉めたか何度も確認しないと不安、トイレの後で何度手を洗っても細菌がまだつてるのではないかと気になり何度も洗ってしまう、、、

これらは強迫性障害の症状の一例で確認強迫、洗浄強迫といわれるものです。このほかにも特定の行為を行わないと不幸になるなといった強迫観念からさまざまな儀式を行う縁起強迫、不要なものをため込む保存強迫などさまざまあります。

強迫性障害はOCDと称されることもあります。これらの無意味な行為を繰り返す症状がない人にとっては「そんなこと、普通する?」「何を考えてるんだか?」と思ってしまいがちですが、世界保健機関ではこの強迫性障害を生活上の機能障害をひきおこす10大疾患の一つにあげています。またこれは日本だけで発生している疾患ではなく人種や文化的な要因を超えて発生している疾患です。

強迫性障害の自覚は低い

厚生省によると、実際にこれらの症状が理由で精神科を受診する人は4%前後とのこと。これら行為は自分の性格であり、病気であると自覚している人が少ないことが理由だと考えられています。

強迫性障害は治療ができる病気

強迫性障害の原因はまだ解明されていないようですが、治療を行えば治る病気とのこと。治療には認知行動療法と薬による治療の併用が効果的といわれています。 認知行動療法とは、何度も確認しないと不安だから何度も確認してしまう場合、この「確認」をやらずに我慢するという行動療法です。

例えば、玄関の鍵を閉めたか気になっても家に戻って確認をしない、手を洗った後で「まだ細菌がついてるかも」と思っても再度手を洗わないなど。これを続けることで不安感を減らしていく治療法です。薬治療では不安感を抑える働きのある薬の服用を行います。脳内のセロトニンの調整を行う薬の服用が一般的です。 長期的な服用になるため、相性のいい主治医を見つけて話し合いのもと治療を行っていくとこが重要でしょう。

いずれにしてもこの病気はまずはご自身のやる気がなければ治療できません。まずはご自身の症状をよく理解しましょう。そして主治医と治療方法や不安な点などを話ながら治療を進めていきましょう。

この症状に関して不明な点などがあれば今すぐ JustAnswer サイトで医師に相談しましょう。