甘いものへの衝動を抑える8つのテクニック

著者: satomi@justanswer.com

カテゴリ: 

Q:  甘いものが大好きなのですが、ダイエットのためにも甘いものを食べたいという衝動を抑える良い方法はないでしょうか?

A: 甘いものへの欲望をコントロールするのは本当に難しいですよね。特に長年空腹時にその衝動を抑えてこなかった場合はなおさらです。衝動を抑制できるようになるまでには時間がかかるりますが、今すぐスタートできるアイデアをいくつか挙げてみました。 

1日を通して食事は3回、間食は3回  - 食事と間食のどちらも健康的なもの、例えば全粒や野菜、フルーツ、プロテイン(魚屋や鶏肉)を含んだ食品を選びましょう。このように食べて空腹を抑えることで、甘いものへの欲求を抑えることができます。

毎日エクササイズ - 5分ほど早足で歩くだけでも構いませんが、夜にエクササイズすることは避けましょう。

家に甘いお菓子を置いておくのは禁止 - ケーキやクッキー、カップケーキなど甘いお菓子が家にあるとその誘惑に耐えられなくなります。お菓子の変わりに野菜やフルーツを置くようにしましょう。 

時には休憩  - しばらくの間頑張ったら休憩をして、甘い食べ物で頑張った自分にご褒美をあげても構いません。

十分な睡眠はもっとも重要 - 毎日少なくても8時間は睡眠をとりましょう。

プロテインの摂取量を増やす - プロテインを摂取くることで空腹を抑えましょう。またプロテインには甘いものへの欲求を抑える働きもあります。

目に見えない糖分に着目 - クラッカーやソースなどの加工食品にも糖分は多く含まれていることがあります。購入時や食べる前に必ず糖分の含有量をチェックして、多く含まれているものは摂取をストップしましょう。 

たくさんの水分補給 - 喉が乾いたら糖質の含まれている炭酸飲料やフルーツジュースは避けて水やお茶を飲みましょう。

- JustAnswer 専門家 Dr. German により回答