エクササイズを生活ん一部に取り入れましょう

著者: satomi@justanswer.com

カテゴリ: 

スキニーなデニムをスッキリ履きこなすだけでなく、毎日の生活ルーティーンに定期的なエクササイズを取り入れることは機嫌といった心理状態、睡眠の質、さらに見た目の改善に役立ちます。 アメリカ心臓協会(American Heart Association, AHA)では下記のエクササイズを取り入れるよう提案しています。

  • モデレートまたはインテンスレベルの 30 分の有酸素運動を週に5日以上
  • または、25 分の活発な運動を週に3日以上
  • または、上記のモデレエートな有酸素運動と活発な運動のコンビネーションを週に2日以上

エクササイズを楽しめるレベルになるには時間がかかります。エクササイズに馴染みがない方も日々のルーティーに取り入れ継続できるよう専門家 Dr. Zhu からアドバイスが寄せられたのでご紹介します。

  • 短期間の習い事ではなく長期的な継続して生活のルーティンに組み込む – 「60日間だけ通う」という短期目標の設定はモチベーション向上に役立つものの長期的な健康促進という目標達成には適していません。ジムが提供するヨガやピラテスといったプログラムへの参加など、その他のアクティビティも組み合わせた飽きのこない変化のあるスケジュールを組みましょう。
  • ジム友達を作る – ジム友達はエクササイズの継続やある特定のゴール達成などポジティブ影響を与えるという調査結果がでています。「今日はやめとこうかな?」思った日でも友達が行くからという理由でいくこともでてきます。
  • 歩数を測る – 無料の歩数計アプリが多数あるのでそれをスマホにダウンロードして、毎日のアクティビティを数値データで管理しましょう。目標設定ができるものを利用すればモチベーションアップにもつながります。

自分のニーズにあったエクササイズのメニューを作って欲しいなど希望があれば、JustAnswer サイトで専門家に質問しましょう。