ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 3251
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに 鳥 に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

朝連絡して支払えなかったので自宅のパソコンから連絡します。

ユーザー評価:

朝連絡して支払えなかったので自宅のパソコンから連絡します。
JA: 了解しました。質問者様の鳥の年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer:***@******.***。拾ってきた文鳥で獣医に連れて行くと貧血、おなかに腫瘍ありといわれました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 食欲は雛の餌ならたべます。目の周りは貧血のせいか白いです。雛の餌のスポイトをみせると口をあけて食べますが、食べ終わると寝てしまいます。体重は20グラム。手に乗せると手のひらですぐ眠ります。
質問者: 返答済み 19 日 前.
28155;付ファイル (Q72SVTP)

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

ご質問内容を伺ってもよろしいですか?

質問者: 返答済み 19 日 前.
38738;山で文鳥を拾いました。羽がすこし黒さが残っています。雛の餌をあたえるとガツガツ食べていました。病院に連れて行くとレントゲンをとり、おなかに腫瘍がある。貧血もあるとのこと。目の周りが白いです。昨日は4時間おきに雛の餌をたべています。今日はだんだん食欲がおちてきていますが、スポイトをみせると騒いで食べます。手のひらにのせるとすぐ寝てしまいます。食べるか寝るかという感じです。どのようにしてあげればよいのでしょうか?

ご自宅では、パウダーフードをお持ちならそれを溶かして、クチバシの横に垂らして飲ませてあげてください。

ある程度飲んだら、すぐに保温をしたうえで真っ暗にして寝かせてしまいましょう。

寝かせると体力消費を最小限度に抑えられます。

また、バナナやリンゴなどの栄養価の高いものも効果的です。

Dr Annをはじめその他名の鳥カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 19 日 前.
20102;解しました。ありがとうございました。今寝かせました。パウダーフードだけ与えたほうがよいですか?餌もたべられるようなら、餌に混ぜてあたえたほうがいいですか?また昼間の過ごし方は定期的に起こして食べさせればよいですか?

もちろん普段のご飯を食べれるのであれば、そちらもあげて下さい。

上記のご飯は栄養価の高いものですので、免疫力を上げるのに最適です。

腫瘍に対して積極的な治療をされない場合は、週末治療と言うことになりますので、食欲がない場合は、昼間は起こして定期的に強制給餌してあげて下さい。

質問者: 返答済み 19 日 前.
36817;所の獣医さんは腫瘍の手術はできないと言われました。犬、猫なども診る病院です。一方、横浜に鳥の専門病院があります。そちらにも連れて行くべきか迷ってます。まだ20グラムもない鳥の手術をしてそれで亡くなってもかわいそうかなと。元気がよくなければ、見守りしかないと思いますが、もし元気だったら鳥の病院に連れて行くべきか???どうしたほうがいいのでしょうか?
質問者: 返答済み 19 日 前.
36817;所の獣医さんは貧血なので、手術はむりとのことだったそうです。(家族が連れて行きました)文鳥の貧血を治す方法はありますかね?

もし本当に腫瘍であれば、今後良くなることはあり得ません。

悪くなる一方です。

連れて行くのであれば早くしないと手遅れになってしまいます。

また、積極的な治療がベストかどうかは飼い主様の考え方にも異なります。

しかし、今の鳥さんの状態が手術できるのかどうか

つまり治療法の選択の中で、手術できない状態か、手術できるのでするか、手術できるけどもしない選択をするのかでは、同じ手術をしないでも大きく異なります。

そのためセカンドオピニオンということで専門家の診察、意見を聞くのも一つです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

鳥 についての関連する質問